体調不良の正体。納得できないことをしようとすると体調が悪くなる。よくできてる。

3月に入ってから何かおかしい。

原因は分かっている。

剣淵の夜だ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

自律神経失調症?

こんなことを言うのはホントあれだってことは分かってるんだけど、3月に入ってから、つまり剣淵の計画が実際に動き始めた頃からそこはかとなく押さえ付けられてる感があります。

ありていに言えば体調がおかしいのです。

体調がおかしいと言っても病気とかじゃなくて、不定愁訴レベルの体調の悪さ。

実はこういうことはこれまでにも定期的にありました。

多分病名を付けるとしたら「自律神経失調症」とかってことになるのだと思います。

不意に動悸が起きたり、寝覚めが悪かったり、どことは言えないけど体が痛かったり、めまいとまでは言えないけど視界がかすむというか、集中してものが見られないという状態になったり。

普通に生活できるし自分でも緊急感はないけど、なんとなくどことなく体調が悪くて不安って感じ。こんな謎の体調不良に悩まされやすい方いませんか?

こう書くとそれ大丈夫?(笑)って感じかもしれないけど、大丈夫。

感覚で大丈夫って言える。

今までにも何度もこういうことがあって、これは時期的なもので、その原因も今となっては何となく分かってる。

中学生のときは蕁麻疹&不眠&手足のしびれになったし、高校生のときは動悸がすごいするから不整脈かと思って病院に行ったけどなんともなかった。

大学生のときはどちらかというと精神面に変化があって、上記の症状に加えてうつ病っぽい感じになりました。カーテンあけたくねー太陽に顔向けできねーって日がすごい続いた。

そして今もなーんとなく体調が悪い。

で、原因は分かってる。というかはっきりした。

剣淵の夜を経て。

自家撞着がうつを呼ぶ…僕は

剣淵で何か悪いことがあったのかと思われたら心外だから先に言うけど、剣淵の夜があったからこの体調の悪さの原因が分かったということです。

そしてこの体調の悪さを脱却する方法もはっきりしました。

今までを振り返ると、今までに体験した何とも言えない体調の悪さはやっぱりある程度の「うつ」だったのだと思います。

うつ病の原因なんて誰にも分からないんだろうけど、僕の場合、頭で思ってることとやってることが違うと感じると体が拒否反応を起こす気がする。

つまり、僕にとってこの手の体調の悪さは「何かが間違ってる」というサインなのです。よくできてる。

自分の中に辻褄の合わないところがあると体は感じていてそっちじゃねえよ!って言ってくれてるんだけど、時間は進むし迷ってる時間はないし決めたことだしやらなきゃならんってことが積み重なってしまうと強制的に体調を崩される。

こういう体調の崩し方に心当たりある人って意外にいるんじゃないかな、と思うからこの記事も書く気になった訳です。

で、なんで今その状態なの?というと、やっぱり僕の中に矛盾があるからです。

頭に引っかかるのは公開したは良いけど全然更新してない「ゴトーを追いながら」。

更新しなきゃなーとは思うのですがなかなか書き出せません。

だから何かが間違ってる。

自然をテーマにしたこのブログの目的はオールマイティーで面白いネイチャーガイドを朝日町に生み出すこと。

知識0から自然に関するあらゆることを勉強し、疑問→解決のプロセスを経て、少しずつ学んでいこう。学ぶ過程を見せようというものです。

なぜならそれ自体が一つのシナリオとなり、そこから生まれる「何か」(田舎で新しく仕事をはじめるとか)の来歴を知ることは面白いことだと思うから。

しかし、僕はブログの記事にある設定を設けていました。

・中学生や高校生のような子供が見ても、大人が見ても学べるブログが良い。

・分かりやすく、手軽に楽しく、一緒に学べるブログが良い。

これ自体は全く問題ないと思うのですが、この部分にこだわってしまった僕の脳内では「正解探し」が行われていることに気付いたのです。

つまり、提供できる結論を探し、そこに辿り着くまでの構成を考えるというスタイル。

学ぶ姿を見せるとか、学ぶ過程を見せることに価値があるというようなことを言っておきながら、頭の中ではガチガチに今までの学校のお勉強スタイル。

(参考記事)学びにもセンスが必要だとして/田舎に必要な教育、学習についての愚考

かつ、ブログとしては現代の忙しい人々を意識して「わかりやすく」「短時間で」「欲しいものが得られる」というものを想定していたのです。

そうやって見せ方を工夫することは全然おかしなことではないけれど、こういうブログを作った以上、要領良く、サクサクと記事を提供しなきゃダメだ、と考えたのです。

負担にならないように一つテンプレートみたいな記事の流れを作ろう。

一つパターンを作って三段論法みたいにトントントンと結論に導けるようにしよう。

そんな風に考えてました。だけどそうやって「要領よくやろう」と思ってしまった部分が、僕の場合圧倒的に間違ってる。

こうしなきゃならん!とか普通こうする!ってのは大体が錯覚なんですよね…。だけどそんな錯覚に振り回されて自分を見失うことがある。

僕はそんなときに体調が悪くなるようにできている。よくできてる。

剣淵の夜、僕は何を学んだのか。僕は剣淵で起こることにどんな期待をしていたのか。

それは今となっては良く分かります。記事にして整理したから。

記事にした分、新たに書き足りない部分が増え、関連する下書きが増えていきます。

僕程度の知識で書くのですから決して難しくはないにせよ、いずれも仕事帰りやせっかくの休みに読むのに適したものではありません。

卑屈なことを言えば、それらの時間をつぶしてまで読む価値があるものでもないでしょう。

朝10分でも多く寝ていたい人、お風呂上り、髪を乾かす時間ももったいないと感じる人の心に付け入るだけの力はないかもしれません。

だけどそんな文明の世の中に迎合するようなものを作って僕は楽しいのか?というと、全く楽しくありません。

だって、文化的な土台の重要性を剣淵で知ったのだから、文明的な価値を生み出そうとするブログに違和感を抱くのは普通のことでしょ?

その違和感の正体を知りたくて、3月の頭、「ゴトーを追いながら」を公開してすぐ、自分の行動や思考の進まなさの原因を解明することを剣淵に期待していた。

だから剣淵行く前こんな記事書いてしまった。

「生きにくい世の中だ」とゴムの壁/剣淵の夜、前夜

辻褄あってんじゃん。

改めて、ブログが人を見つけるということ

自己分析が終わった/ブログの方向転換

今回の記事も含め、なぜこれほど自分語りのようなことをするのかと言うと、自分と近い人と出会うためです。

今回は僕のように定期的に体調不良に襲われる人がいたら共感してくれるんじゃないかなと思って書きました。

そしてこのどうしようもない体調の変な感じから脱却するヒントになるんじゃないかなって。

よく考えて見てほしいのです。

頭の奥の方で考えてることと、やってることに食い違いはないか。

大人としてとか男としてとか社会人としてとかお金のためとか常識的に考えてとか義理とか建前とか責任がとかっていう不文律な領域であるはずなのに眼前にどどんと聳え立つ「共通認識」を守ることに汲々としていませんか?

普通そうでしょ、っていうひどく文明的なものにばかり目が行って、理解されない領域の自分をないがしろにしてはいないですか?またそういう自分に罪悪感を抱いてはいないですか?

モラルに反することをしろと言ってる訳ではありません。

ただ、根拠はよく考えたらないけど、「やらなきゃならん」とか「普通に考えてこうすべき」というだけの理由でムリをしているところはないでしょうか。

もしそうであれば、目まぐるしく進む文明の波からおりてビーチで読書をするような、文化的で贅沢な時間が必要なのかもしれません。

剣淵の夜を経て、文化的な営みに時間をさける土台をつくろうと思いました。ここで言う「文化的」というのは他人を理解したり、どうにかして理解してもらおうとあの手この手を駆使できる場所や時間のこと。

もしくは自分や自分を取り囲む世界を理解するための場所や時間。

剣淵の夜に感じたような、頭も心も満足できる場所です。

そこに必要なのはみんな平等に与えられている時間と、人と、場所だけです。

僕は朝日町で新たなマーケットを切り開きたい訳じゃないですし、有名な町にしたい訳でもない町をお金持ちにしたかったり自分がお金持ちになりたい訳でもない。

ニュースや新聞で取り上げられることにも価値を感じない。

町おこしと言うならそれらを念頭に置くべきなんだろうけど、それらは文明的なものであって、結果的にそうなったとしても目標とするには浅はかすぎる。

説明できるものは所詮その程度」であるべきだと僕は思う。

そうでなければ「文明に偏りすぎる」。

それは人の心を殺すかもしれない。
「忙しい」ってそういうことなんですよね?

体が違和感を感じない贅沢な日々を送りたい

僕はもっと贅沢に生きたいと思っています。

贅沢って何かっていうと、文化的な生活だと思っています。

どうにかして理解しよう、どうにかして伝えようとする不器用で要領を得ない営みを繰り返す日々です。

人生80年も90年も生きなければならないというのに、他人を、身の周りの事象を、自分を理解する時間を惜しまなければいけない理由なんてありません。

「ゴトーを追いながら」もそんな文化的な土台の一つであるべきだと思う。どうやって世界を理解しようかと時間をかけて考える贅沢なものであることが僕にとって相応しいのだと思う。

これが僕の納得する形で、そう考えるとすごく楽になりました。

いつか僕のように、自分を理解して欲しくて仕方ない人、他人を理解したくて仕方ない人、自分の身の回りの世界を理解したくて仕方ない人にとって居心地の良い場所が作れたら良いなと思っています。

体調不良の正体。納得できないことをしようとすると体調が悪くなる。よくできてる。(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク