同じ性質のヤツらが固まりすぎるとウザいという話

先日東京に向かう飛行機に乗ったとき、四方八方が中国人だった。

空の旅は快適とは言えなかった。

なぜなら四方八方がやたらうるさいから。

気流の乱れはそうでもなかったけど中国人の乱れがすごかったです。

僕を挟んで、周りに身内以外の人間がいることなど気に留めない中国語が行き交う。声だけでなく、動作がうるさい。

通路を挟んだ隣のおじさんは柿ピーをテーブルの上に直にばらまいて食べている。着陸のときなんか、テーブルの上に柿ピーを置いたままバタンと閉めたもんから、食べられなかった柿ピーが床にバラバラと落ちる。

キャビンアテンダントのお姉さんがあまりの散らかりように一瞬怯みながらも、おじさんの足元に散らばる柿ピーを手で広い集める。おじさんは申し訳なさそうにする素振りも見せず、まるで王のようにリラックスしている。

これだから中国人は、と考えるのは早計なのだと思います(正直思ったけど)。

同じ種族、同じ性質のヤツらがある程度固まるとウザい、というのが真実に近いんだろうなって思うし、考えてみれば中国人なんて限定しなくても、別の固まってるヤツらに対して同じような不快感を持ったことは幾度となくあります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

どこの誰でもある程度かたまるとウザい

例えば高校時代、廊下やトイレでたむろするヤツらはウザったかった。

ウザいウザいって言えるのもそのたむろってるヤツらが僕と同じ野球部の仲間だったからなんだけど、ろくに彼らと関わりのない人たちは僕が感じる5倍くらいはウザかったと思う。

なんでこいつらいっつもトイレに溜まってんのって思ってたと思う。

彼らの人柄を知っているから思うだけかもだけど、彼ら柄が悪いわけじゃないし偉そうにしてる訳じゃないけど、それなりの大きさだし、みんな坊主頭だし、だらっとかたまってたらどうしても感じ悪いですよね。

僕に限らず、廊下通りたくないなートイレ行ったらあいつらいるしウザいなーって感じていた人が少なからずいると思う。

あとはオーストラリアで、あるバックパッカーズに泊まったとき。

14人ほどが寝られる広い部屋だったのだけど、ヨーロピアンが仲間を連れて、大音量で音楽をかけ、眠るに眠れず、次の日も、その次の日も、パーティとまではいかずとも誰かこっか入れ替わり立ち替わりドアをコンコンコンコンって激しくノックして入ってきてはベラベラ話していく。

ウザすぎて一週間のところを4日で宿替えしました。(うるさいからって出たのに残りの料金返って来なかったのもちょっとイラッとした。代わりに部屋の割引券渡されて、いや来ないよね、嫌で出るんだから来ないよねって二度イラっとした)

聞いてみれば、かつては日本人も海外でのマナーの悪さを激しく非難されていたそうではないですか。

ツアーを組んで旅行に行けば、ものの食べ方から何からなっておらず、きっと大所帯で町を歩き、大声で話し、買い物には目の色を変えて、つまりちょっと前あちこちで爆買いしてた中国人のように、ちょっと信じられないという目で見られていたのだと思う。

ウザかっただろうな。なににしてもそうだけど、人のことってあんま言えないんですよね。

バベルの塔が壊れたのはウザかったから

こうして見てみれば、中国人はマナーが悪いとかって決めつけるのはちょっとした早とちりで、やっぱり冷静に考えればある程度同じヤツらが固まるとウザくなるというのが真実なような気がする。

それどころか、日本語教師のボランティアしてたときに思ったけど中国の方って個別に会うとすごく礼儀正しくて穏やかで真面目な方が多いのです。すごく勉強熱心だし、褒めるといえいえ僕なんて私なんてって言う人が多く、とても謙虚なんです。

人の振るまいを決めるのは人格や性格よりも状況の方が要素として強いんだなと思います。(ちなみに中国人は教師に対するレスペクトが比較的強い傾向にあると教わりました。つまりクラスという枠の中だからこそ、限定的に礼儀正しい振る舞いをしていた可能性はある)

自分の頭で考えることができない/枠組みに依存する人間

かつて天にも届かんとするバベルの塔を作ろうとした人類は神の怒りをかって言語を乱され、散り散りにされたと言います。

人類の傲慢を戒められたというのはあくまで解釈のひとつらしいですが、それが戒めの物語でも、単純に不可能に挑んでやっぱり不可能だったという物語だったとしても、神の意志としては特に深いものはなく、単純にウザかったんじゃないかなと思います。

うるせーお前ら調子に乗んな世界が自分たちのものだと思いやがって。

実際僕ら、身内で固まると途端に傍若無人になる傾向がありますよね。

そこに自分たちしかいないかのように振る舞ったり、部外者を睨みつけるような真似をしてみたり、俺たちがルールだみたいな勘違いをしてみたり。

人の振り見てって訳じゃないけど、町づくりにしてもコミュニティ作りにしても、同じ性質の奴らが固まりすぎるとウザいというのは頭のどこかに入れておく必要があるなあと、やかましい飛行機の中、苛立ちを抑えるために考えてた、という話です。

同じヤツらが固まりすぎるとウザいという話(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク