写真撮りかい?と言われて「はい」と言ったら写真撮り

怖い話をつくろう

と思っていて、その準備のための写真撮影でダムに行くと、「写真撮りかい?」と声をかけてくれたおじさんがいた。

「はい」と答えたら、僕はすっかり「写真撮り」になった。

芸術家の良いところは、名乗ったもん勝ちなところだと思います。

この記事では、ボケたりなんだりでボツ写真だけど景色的には気に入ってる写真を貼って置こうと思います。

川合

これ撮るとき橋の上からカメラ付きだして撮ったからめっちゃ怖かった。

岩尾内湖 ダム

赤ーい。

岩尾内湖 増水 色が濁る

話しかけてくれたおじさんも、こないだの大雨で増水してあんまりきれいじゃないよね…って残念そうに言ってた。でも山の上を過ぎる雲の影が良いよ。

岩尾内湖 橋

なんか多分構図がかっこいい。と思ってる僕は。

それにしても、アーティストは日本語で言うと趣味っぽくて、カタカナ語で言うと職業っぽいと思うんだけどどうだろう。

カメラマンは職業っぽいけど写真撮りは趣味っぽい。

イラストレーターは職業っぽいけど絵描きは趣味っぽい。

ミュージシャンは職業っぽいけど歌うたいは趣味っぽい。

ライターは職業っぽいけど物書きは趣味っぽい。

そして趣味っぽい方がなんか良いもの作ってそうなイメージがある。

写真撮りかい?と言われて「はい」と言ったら写真撮り(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク