都会をdisることで田舎の魅力を確かめようとする負け惜しみ感

イケダハヤトさんに文句があるわけではなくて、ああいうコンセプトとかキャラクターとか実感に基づいたテーマとして都会をあーだこーだ言うのとは全く違う、低劣な、負け惜しみとしか思えない都会のdisり方が、田舎ではなされることがあります。

何が低劣かって、「都会」の見方が異様に漠然としていて、イメージ先行型のdisりな点。

ニュースで聞きかじる世知辛い事件の数々や、異常性が垣間見える事件を引き合いに出しては、「都会は狂ってる」とか「ごちゃごちゃしてる」という結論を導き出すのです。

一応フォローしておくけど、都会をdisるって言っても世間話の1トピックであって、本気で都会に敵対心を持って、熱を持って言っているワケではありません。

なんでフォローするかって言うと、うちのばあちゃんとかの話題にこういう安易なdisりが多いなと感じたので、身内としてそこまで強く言えないからです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

説得力のないdisり

確かに田舎でニュースを見ていると都会は物騒に見えるし、駅の人混みや通勤ラッシュなんかの映像が目に入ると、無暗にごちゃごちゃと人が歩いてて、「まるでゴミのようだ」と感じないこともありません。

でもニュースを見れば報道されるのはそりゃ悪いことの方が多いワケだし、人混みだって傍から見てたらうわーって光景かもしれないけど、別にみんな好き好んで、一体感を持ってそうしているワケではありません。

小さい魚が体を大きくするために群がってるとかではないのですから、まるで違う生物を見るかのように、「どうしてあんな生活をしてるんだろうね」というのは丘と違いも良いところ。

ましてや「都会だからって言うほどには便利じゃない」とか「そこまでしてみんな都会にいなきゃいけないのだろうか」なんて疑問は飛躍も甚だしい。

そんなことをさておいても、都会の偏った映像やイメージと比べて、田舎ののどかさが良いとか、自然が素晴らしいとか、本当の幸せが云々なんて言っても説得力がありません。

他方を下げたからと言ってこちらが上がるという訳でもなし、disることに自己満足以外の効果や意味は期待できません。(だからってdisらないと決める意味も同様にない)

あ、フォローを繰り返すけど、ばあちゃん方は素朴に「もっとみんな田舎に来て暮らせばいいのに」って思ってるだけです。都会の方は「そっち狭いでしょ、こっち空いてるよ」程度のことを言われてると思ってご覧ください。

モテモテさんを蔑むモテないさんのようなdisり

一回ばあちゃんに説明しました。

都会の悪いイメージと田舎比べたって負け惜しみにしか聞こえないよって。

それってモテモテで8股くらいかけててアリバイ作りと口裏合わせと体力の管理でいっぱいいっぱいになってる人を見て、生まれてこの方恋人できたことない人が「彼女なんていない方が楽だろ」って言ってるみたいだ、って。

だって人が多いことも、インフラが充実してることも、サービスや優れた品物がばんばん生まれることも、多くの田舎から見れば普通に羨ましいことに違いはありません。

もちろんその代償としての不都合は色々あるだろうけど、行き過ぎが問題なのであって、充実そのものは揶揄するところではないのです。

浮気には懲りたから一人の人と誠実にお付き合いすると言っているなら「あれはダメだ、人らしい生活なんてできねえよ」とか「常に落ち着かなくて誰といてもつまらなかった」とか言ってるなら良い。

でも誰かと付き合いたくても誰とも付き合えない生粋のモテないさんが、モテモテの浮気勝ちさんをdisったところで自分を慰める程度の効果しかない。

ばあちゃんは、「ほう、そうかい」って言ってました。

田舎が良いか、都会が良いか

田舎が良いか、都会が良いかって言うと、僕はどっちも良いです。

いつかも書いたんだけど、田舎も都会も自由に行き来できたら良いなと思ってます。

夏は田舎の方が過ごしやすい気がするし(なんとなく風通しが良くて体感温度が低いような)、冬は都会の方が好き(建物を伝っていけば寒さをしのぎながら目的地まで行ける)。

夏野菜が庭の畑で取れるのも良いし、冬の夜中に雑踏に紛れ込むのも面白い。

ということで季節によって移動する遊牧民みたいな生活が僕の理想です。

その前に、帰ってくるたびに廃れてしまうこの町の「発展」とは言わないまでも、「次に帰ったら何がなくなってるかな」ではなく「次に帰ったら何が起こっているかな」と楽しみにできるくらいの変化は作り出したい。

そして帰ってくるたびに「ここは自分の故郷だ」と思える程度の誇りをくすぐる実感が欲しい。

物事の良しあしなど常に一面的な真実でしかなく、どちらもごちゃっと混ざり合って光の加減とかで色が変わって、結局のところ良いも悪いも自分次第みたいなところがある。

負け惜しみも勝ち誇りもそれほど大きな意味はないから、有利とか合理とかとは別の感覚で世の中を眺めたい。

都会をdisることで田舎の魅力を確かめようとする負け惜しみ感(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク