消費者の役に立つより創作者の役に立ちたい

空き家を譲っていただきました

で少しだけ紹介した空き家の活用方法についてつらつらと考えているうち、僕が日ごろ強く強く思っていることを一言で伝えるとすれば「消費者の役に立つより創作者の役に立ちたい」ということなんじゃないか、と思いました。

これがどういうことなのか、あんまり伝えられる自信がないけど、考えながらメモ的に書いていこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

消費者的な自分と創作者的な自分

消費者思考を持つ人と創作者思考を持つ人がいるのではなく、僕らは誰でも、「消費者的な自分」と、「創作者的な自分」を持っているはずです。

例えば旅行に行くとき、僕らはどちらかと言うと消費者的な自分を表に出すと思う。

各種チケット代は払った、行く場所も決めた、食べるものも決めた。あとは現地で必要なお金を払えば、期待通りのものを得られて、消費者的な自分は満足する。

では、その旅行のために新しいカメラを買うときの自分はどうでしょう。比較的、このときの僕らは創作者的だと思う。

何故なら、良いカメラを買ったからと言って良い写真が撮れるとは限らないし、カメラの価値の分だけ写真の価値があがる訳でもない、ということを僕らは知っているから。

僕らが「今度旅行行くし、ちょっと良いカメラでも買おうかな」って考えるときは、そのカメラで良いものを撮ってやろう、プロみたいな写真を撮ろうって意気込んだりするんじゃないか。ただ記録しようと思うよりはちょっと高めの意識でいるんじゃないか。

単純にお金と引き換えにした価値を受け取るのではなく、この道具を使って、自分で価値を作ろうと考える。

それが価値あるものになるかどうかは自分にかかっているという納得がある。

創作者の刺激になるような町になれば

消費者と創作者を比べたとき、今ある空き家をどちらのタイプの人に使ってもらえるようにしたいかと自分に問えば、僕は「創作者であるあなたの方に使って欲しい」と強く考えるのです。

その考えはまるごとこのブログのテーマであり、僕が「まちづくり」を考える上でのテーマでもあります。

ブログの一言紹介フレーズみたいなの書くところに「物語が生まれるノートのような町を作るにはどうしたらよいか」風のことを書いてたのですが(今分かりにくいからやめたけど)、その真意のようなものをかみ砕いて言えば「創作者心を刺激する町を作るにはどうしたら良いかな」という意味。

例えば本屋さんで小説や漫画を買おうとするとき、僕らは消費者的な欲求を満たすことを考える。

だけどノートや原稿用紙を買おうとするとき、多分僕らは自分の創作者的な欲求を持ってそれを見つめるでしょう。

何書こう(描こう)かな、何書けるかなっていう、作りたい心が刺激される。

そんな町になれば良い。だからせっかくの空き家も、そんな町で使える装置になれば良い。

例えばこんな人たちに空き家を使ってもらえないか

色々な創作者がいると思うけど、そういう人たちが使える空き家になれば良いなと考えています。

どちらかと言えば内向的な性質の、例えば高校や大学の演劇部・サークルの合宿所として利用してもらったり

小説家や脚本家を目指している人が筆力や読解力の向上に励むための合宿所にしてもらったり

写真部とか写真家の撮影旅行の拠点にしてもらったりしたら面白いんじゃないかなと今は考えています。

ただ漠然と色々な人が来る場所というんじゃなくて、「詩心」みたいなものを持つ人が使うゲストハウス(合宿所)っていうイメージが根底にあれば、なんか場所として感じ良いなって。

「文芸的な何かを創作するという共通属性を持った人が集まる場所」という設定を場所に付加することができれば、そんな創作意欲を強く持つ人が集まる場所になって、優れた作品が生まれる装置になりえる。

え、いやそれは良いけどわざわざそれお前んとこに行く必要あるの?って思うでしょう。僕も思う。

だって創作者の心を刺激するのはやっぱり「それなりのモノ」じゃなきゃいけないから。

「これなら良いものが作れるんじゃないか?」っていう予感がなければ、それを使おうとは思いませんよね。

僕のまちにあるコミュニティスペース「旧佐藤医院」を、装置にしようと思っています。

【小説家に会いたい】旧佐藤医院「みんなの書斎」コンセプト

↓「みんなの書斎」を作ろうと考えるきっかけになった記事

町がある、何ができる?創造性を引き出す装置について

書けそうな場所づくり

僕は執筆環境という装置を作る。

集中できる場所、その気になれる場所、カンヅメ生活が満喫できる場所。

発想、息抜き、集中、瞑想。

「旧佐藤医院」を使えば、執筆に必要な環境を整えることができるのではないかと思ってる。

僕は付属品として扱ってもらいたい。

例えば僕は誰かが望めば書いたものをじっくり読んで感想を言ったり誤字を指摘するマネージャーになるかもしれない。

そもそも書くための体力づくりがしたいという人とは一緒に走る。

書くのが遅い悩みを持つ人とは字速を上げる練習を一緒にしようと思う。

その人その人に合ったサポートをするのって楽しそうだなって思う。

温泉宿に作家プランとかあるけど、そういうサービスでは届かないことがしたい。

眠れない夜にひたすら話を聞いたり、コーヒー運んだり、細かく細かく、お金を取らない部分で人と関わって、その人が納得行く何かが得られる手伝いがしたい。

机上での創作に加え、まちづくりという創作活動も

極端なことを言えば、消費者は「それ」を使うだけです。

創作者は「それ」を使ってどうしようか?って考える。

そういう人がいなければプラットフォームとしての場の発展は在り得ず、そういう人がいるからこそ、その場所(プラットフォーム)はアップグレードを繰り返し、洗練されていく。

消費者よりも創作者の役に立ちたいというのは、僕自身が創作者的なときの自分を心地よく思っているということと、ここまでに書いた理由から、創作者が関わった場所の価値は高まっていくだろうと打算的に考えているからです。

僕だけでは限界がすぐに来るから、誰かに自分を高めながら、自分が作りたいものを作りながら、場所の価値を上げるっていう自分の身体を越えた創作活動をしてみたい人がいたら手伝って欲しいなって思ってる。

机上での創作活動をしながら、まちづくりという文脈の創作活動も併せてする。

「創作」にも「まちづくり」にも関心がある人がもしいましたら、動向を見守ってくれたらなと思っております。

しつこいようだけど消費者より創作者の役に立ちたいと思っています。

消費者の役に立つより創作者の役に立ちたい(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク