文章に行き詰ってなかなかスムーズに書けないときの技

文章を書くのに時間がかかるという人は、「書くこと」に向いていないと思うかもしれません。

僕は文章を書くのに時間がかかるけど、自分が書くことに向いていないとは思いません。

何故なら、書くことについて人より多く悩むことができるし、苦しいながらも続けることができるからです。ちょっと屁理屈っぽいですけどね。

でも、あんまりにも筆が進まなかったり、書きたいように書けない、何書くんだっけ?みたいになると、ああ、もうダメかもしれないと思うことはあります。ダメかもしれないったって、もう寝なきゃダメかもしれない程度ですけど、書けなくて辛いと思うことはある。

ああもっとすらすら書きたいこと書けたらな、文章がうまい人のイメージ像通りに、タタタタタとキーボードを打ち鳴らして、タタンッとエンターキー押して、一丁上がり!みたいな感じでできたらな。

でも残念ながら僕はそうじゃない。文章を書くのにある程度の時間がかかる。

でもそんな僕でも、僕なりに文章に行き詰ったときにやることってあって、これはけっこうおススメなので、誰かが役立てられることを願って、実践を踏まえながらブログに書いておきたい。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

行き詰った理由を書く

文章を書いていて、書く手が止まったら、行き詰った理由を書きます。

例えば、「用意してた結論から遠ざかった気がする」とか、「次に何を書くべきか分からない」とか元も子もなさそうなものでもオーケーです。

もっと気の利いた例を出したい

実践を踏まえてということなので、この記事では僕が文章を書くのに行き詰るたび、なぜ手が止まったかを赤字小声で書きます。

もっと気の利いた例を出したいと僕は考えて手が止まったので、何を書こうと漠然と考えるのではなく、気の利いた例を出すことを考えます。

気の利いたことって何だ?

なぜ行き詰った理由を書くと続きが書けるようになるんだ?

こうして行き詰った理由を実際に書くと、全体が分かりにくくならないか?

後で整理したものを書こうかな

このように、一度つまづくと、芋づる式に行き詰る理由が出てきます。これはもうほとんど勝手に出てくるものなので、自分の意志で止めることはできません。

こうなると、頭の中はパニックになります。すべての問題にいっぺんに答えることはできないからです。

書く手が止まるともうなんか分かんないけど全然書けない気になるのは、こういう理由からです。少なくとも僕の場合は。

この段落を踏まえて、最初から書き直してみましょう

行き詰った理由を書く

文章を書いていて、書く手が止まったら、行き詰った理由を書きます。

例えば「用意してた結論から遠ざかった気がする」とか、「話が変わり過ぎて主張が分かりにくい」みたいな、けっこう文章の核心に関わること。

もしくは「僕が文章をスラスラ書くコツなんて書いて偉そうじゃないかな」、「お前は文章の何なの?って思われないかな」という書く上での不安や迷いが生じて書けなくなることもあります。

そして意外に多いのが「眠い」とか、「お腹空いた」とか、生理的なことに関わることです。

最後の例の場合、解決法は簡単で、眠いなら寝るか眠気が覚めるように一旦外に出るなり顔洗うなりする。

続きどうしよう…結論はなんだっけ?

どうして行き詰った理由を書いたら文章が書けるようになるんだ?

これやっぱり読みにくくないか?

また少し行き詰まりました。でも気の利いた例かどうかは分かりませんが、一通りパターンごとの例を出すことができた気がします。

しかし一息ついたところでまた問題が。

続きをあんまり考えてなかったことと、何故行き詰った理由を書くことで文章がスラスラ書けるようになるかを明言してなかったということ。

何となく雰囲気で、問題点を明確にすれば、それに対する答えも自然に出てくるから、イコールでそれが書くべきことになるということは分かってくれるだろうという甘えがあったことに気付く。

これなんかの本に載ってそうだな

もうずっと前からみんな知ってる方法だったらどうしよう…

この点は一旦保留にして、また最初から書いてみましょう。

行き詰った理由を書く

文章を書いていて、書く手が止まったら、行き詰った理由を書きます。

例えば「用意してた結論から遠ざかった気がする」とか、「話が変わり過ぎて主張が分かりにくい」みたいな、けっこう文章の核心に関わること。

もしくは「僕が文章をスラスラ書くコツなんて書いて偉そうじゃないかな」、「お前は文章の何なの?って思われないかな」という書く上での不安や迷いが生じて書けなくなることもあります。

そして意外に多いのが「眠い」とか、「お腹空いた」とか、生理的なことに関わることです。

最後の例の場合、解決法は簡単で、眠いなら寝るか眠気が覚めるように一旦外に出るなり顔洗うなりする。

このように、行き詰った理由を具体的に書くことで、考えるべきこと、決断すべきことが自然に自覚できるようになります。

何を考えよう?と考えると分からなくなりますが、これを考えようと決めれば割と自然に答えは出てくるので、それがイコールで次に書くべきことになります。

だから、文章を書くときに行き詰ったら、どうして手が止まったのかを具体的に書く。そうすることで、うんうん考えてるフリして実はフリーズしてしまっている状態を脱することができます。

これは僕が長いこと文章を書いているうちに編み出したコツです。

普段はノートに書きます。ノートにはもっと赤裸々に書きます。これは公開するようにこさえたものなので、まだ比較的整っているのですが、普段はもっと適当なことを書きます。

あくまでオリジナルのつもりですが、実はどこかで読んだ本か何かの受け売りなんじゃないかって言う不安が湧いてきました。

もし、これは誰々先生のなんとかメソッドだよとか、〇〇という本に書いてあったよという知識をお持ちの方がいたら教えてくれると助かります。

知らないわって思ったら偶然かぶっただけだし、知ってたわって思ったら我が物顔でパクったことになるので即刻削除します。

最後がいいわけみたいになっちゃうとダメじゃないか?

なにかまとめ的な一言が必要では?

最後に通して書いてみましょう。

行き詰った理由を書く

ー何度も書いてる最初のところ省略ー

…即刻削除します。

少しは参考になったでしょうか?

もっと長いものを書こうと思ったら当然迷いや考え事は増えます。

解決すべき事柄が増えてしまうし、解決すべき事柄が増えると、今度は「どんな順番で書こう?」という問題も出てくる。

順番を考えると、「最初に用意していた結論から遠ざかる」みたいな元も子もない問題が後から出てくることもある。ここで?みたいなタイミングで。

すると「用意してた結論が間違ってるんじゃないか?」「言いたいことちゃんと決まってなかったんじゃないか?」という具合に、最初から考え直しということもあります。

だけど少なくとも、自分がどんなところで行き詰っているのかに自覚的になることは、思考を止めないためにはとても有効だと思います。

やたらと時間かかっちゃうんだよな、実はフリーズしてる時間が長いんだよなという方は、ぜひ試してみてください。

文章に行き詰ってなかなかスムーズに書けないときの技(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク