お気に入りの地元のパン屋さん/「パン工房 羊と雲と」のパンはデスクワーカーにぴったり

あけましておめでとうございます。

新年も読んだり書いたり頑張るぞということで、まずは僕の日頃のデスクワークとお気に入りのパン屋さんである「羊と雲と」のパンとの出会いや関わりについて簡単に書いてみようと思います。

美味しいってのはもちろんなんだけど、デスクワークメインの人には本当におすすめのパンなんだよね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

デスクワークの悩みを解決するパン

僕が勝手にこういうこと言ってるだけであって、決してそういうコンセプトのパンという訳ではありませんのであしからず…。

ただ僕が「羊と雲と」のパンを気に入ったのは、僕が一日中パソコンを使ってるか何か読んでるかって生活だからこそだと思うのです。

そんな生活を送る上での悩みはいくつかあるけれども、大きいのは食事、あと集中力の低下。

この二つの悩みの関係は密接です。

お腹が減ると集中力が切れるでしょう。
集中力がないと作業が進まなくてイライラする。
空腹時のイライラは抑えられない。

人間なら分かってくれると思う。

ところが「羊と雲と」のパンが近くにあると、この悩みは解決なのです。

ポイントは三つ

①おいしい

②密度がすごい

③体に良い

おいしいって話はこの際ついでみたいなものです。

デスクワーク時の僕にとっては味より残り二つの方が重要だからね。

僕が普段よく食べる「羊と雲と」のパンは密度がすごく高いんです。
弾力と歯ごたえが強いから必然的によく噛むことになる。

そして悔しいけど噛めば噛むほどうまいって言わざるを得ないのがご紹介してるパンの特徴な訳です。

不思議なことに、初めて「羊と雲と」のパン食べたとき、今まで食べてたコンビニとかのパン思い出したものです。

(オレンジパンの試食を一切れもらって)…なるほど、オレンジピールの香りがあとからあとから…。確かに美味しい(モグモグ)。なるほど。これが手をかけた本物のパンか。
あれ…じゃあ今まで食べてたのって(モグモグ)なんだ!?
みたいなパニックに陥ったものです。(モグモグ)

大袈裟大袈裟。パンです。パンを食べてたんです。
コンビニのパンは安くて美味しいです。

でもこれくらい、全然違うって思った。

IMG_0147

手前がオレンジパン。奥がフルーツパン。これはおやつや朝食に。

あとチーズパンってのも美味しくて、ベーコンとの相性すごい。これは晩御飯のサイドメニューに。

何が悔しいって今まで僕は食べ物に対して噛めば噛むほどうまいって逃げの感想だと思ってもの。

テレビのレポーターなんかがお米とかそれこそパンとかのレポートするときに、噛めば噛むほど甘味がとか言うけど、感想さがしてもぐもぐしてるうちになくなっちゃったんじゃないの?ってニヤニヤしてたもんです。

苦肉の策だろうくらいに思ってた。

でもアレ本当なんだなって思えるようになりました。
少し大人になったってことだと思います。

噛むことが頭に良い、体に良い

ご存じの通り、よく噛むことの利点は非常に大きなものです。

よく噛むと頭が回り集中力が高まる。

とく噛むと満腹中枢が満たされ満足感が強くなる。

ガムでいいじゃん。

いやいやご飯は食べなきゃいけないからね。朝ごはんもガムで大丈夫って人はいいだろうけど。

あくまで食事を摂るべきとき、カロリーを取らなきゃいけないけどパソコンデスクから離れられない、離れるわけにはいかないってとき、お気に入りのパンが近くにあるってホント助かります。

サンドウィッチの始まりの話しみたいだけど、手を汚さなくて済むし、画面や文章に集中しながら食べれる。

で、自然にモグモグしてるうちにどんどん美味しくなって、飲みこんだときに、「あ、うま」って思う。

カロリーがちゃんと摂れるから血糖値が下がってイライラするってこともなくなるし、デスクワーカーにはいいことづくめなんです。

よく噛むから体に良いってだけじゃないよもちろん

噛むことはそりゃ体に良いんだけど、それだけだったら別にそれこそガムとかスルメとか鮭トバでも良い訳で。

頼まれて書いてる訳じゃないから必要以上に僕が宣伝するのもどうかと思うけど、「羊と雲と」のパンは天然酵母を使って作られていて、小麦もポストハーベストの心配がない道産小麦を使っているんですって。

詳しくはパン工房「羊と雲と」のホームページを見て欲しいんですけど、このパンの味の品の良さは健康志向に基づいてるんだなと思いました。

ときには体に悪いものが異常に美味しく感じることもあるけど、体に良いものってやっぱり美味しく感じるのでしょう。

僕なりに思うだけで根拠はないんだけど、ファストフードとかカロリーがすごく高いものが食べたいときって、体の調子あんまりよくないんだと思います。

なんとなくストレスが溜まってるときの方がジャンクフード食べたくなる傾向が僕にはあって、疲れてるとき程、カロリーが欲しいからかピザとか激甘のお菓子とか食べたくなる。

実際、今は出来るだけ控えてるけど、札幌にいたときはコンビニが近くにあったって言うのもあって、毎日甘いもの食べながらパソコンに向かってました。

糖尿になるのは時間の問題だなってくらい。

特に何か書いたり読んだり頭を使うときにはチョコとかが無性に美味しくて、依存してしまいます。

こんな甘いものばっかり食べてたらダメだって思ったけど、札幌ではなかなか甘いものから抜け出せなかった。

幸い?この辺にはコンビニもないから夜中にチョコ買いに行ったりすることもありません。あの頃は不健康だったなと思います。

だから、体に良いものを美味しく食べられるのって、体が健康だからこそだと思うのです。

なんせ体は口に入れたもので出来てる訳ですから、食べ物を味わう時間があるとか、食べ物を選ぶ心の余裕があるってのは生きる上で大切なことで、「羊と雲と」のパンはこれらを満たす僕のマストアイテムな訳です。

でも常備してるって訳じゃないんだよな

「羊と雲と」さんは工房での販売が毎週金曜午後15時~19時と、土曜の午前中10時~12時まで。

週末だけのパン屋さんですから、パンが欲しくなったそのときにフラリと買いに行くというスタイルはとれません。(お近くにいない方は注文してお取り寄せすることもできます。詳しくは上記リンクのホームページをどうぞ)

だから今週はパンを食べるぞという意気込みを持って注文しておき、金曜か土曜日に取りに行くのです。

僕が前回買ったときは、こちらも士別市にある「梨の花」という雑貨屋さんで注文して取っておいてくれるというので取っておいてもらいました。

実はまだ工房には行ったことがないという俄かファンであり、タイトルでは勢いで地元と書いてしまったけどここ朝日町と「羊と雲と」の工房がある士別市街とは車で30分程の距離があるという微妙な心理的、物理的距離感がものを言い、これだけ書いておいて、マストとか言っておいて、家に常備してる訳じゃないのです。

あとちなみに、記事のトップ画像とか途中でさしはさんだ画像ではちょっとお洒落感を出したくてお皿に盛ったけど

IMG_0154

普段はこんな感じでパソコンの傍らに置いて、無造作にちぎって食べるという現実があります。袋のまんま笑 丸ごと笑

まあだから、だからってことはないけど、今年の抱負としては、まずもっと活動的になるってことが一つ。

もっと外に出て、体動かして、健康を意識する。

活動的にパン買いに行って、健康体で美味しく食べて、集中するときは集中する。

メリハリのある生活ってやつが今年の抱負です。

そんな生活が「羊と雲と」のパンとならできるのです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク