うつ、自律神経失調症/弱々しい人間が頑なに自己正当化するサマを笑ってくれ。

前回の記事ではなんとなく体調が悪いというお話をしました。

その原因は、思ってることとやってること(やろうとしてること)にギャップがあるせい。

僕は頭でやらなきゃ!と思っていることと、内心で考えていることに食い違いがあると、体が動かなくなるようにできている。

こんなんじゃいわゆる「社会」では生きていけないですよね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

社会に適応できない人間は弱い?

これって一見するとただの駄々っ子、メンタルが弱っちい人の特徴に見えます。

そんなこと誰にでもあるけど、みんな割り切ってやってんだよ!納得できないからっていちいち体調崩してたら社会でやってけないの!

こういうことになるのだと思います。

自己分析が終わった/ブログの方向転換

とか

履歴書に書けない経歴をつきすすめ

にも書いたけど、実際僕は内向的な人間ですし、潜在的に引きこもり要素強し、そして前回の記事で書いたように自律神経失調症のような症状が表れやすかったり、深刻な状況になったことはないけど「うつ病」の淵を覗いた感じはあって、そういう人の気持ちは分かる。

分かるって言うのもおこがましいんだけど、稀にいるうつ病になる人は弱いとかって言いきる人の方が僕は分からない。

というか世間的に、現代社会で普通に生きてる人の方が異常なんじゃないの?という説もありますよね。

こんな社会に適応してどうするの?

日本でちゃんとやるってそんなに立派なこと?

みたいな話は良く見聞きします。

で、確かに、と思う。

僕の性格としては、現代に馴染むとか適応する必要ってある?って意見の方を支持したい気持ちでいっぱいです。

もっと言ってしまえば、心を病むとか、体調を崩して会社行けなくなるとか、今日びそっちの方がまともなんじゃないの?くらいのことは言いたい。

むしろ僕みたいに些細なことで強制的に身動き取れなくなるような弱っちい生物がいることは、人間という種の中では必要なんじゃないのだろうかという話をここではしたいと思います。

ニートが問題?それともニートを生むシステムが問題?

ニュースなんかだと、社会に適応できない人としていわゆるニートの存在が問題視されていますよね。

雇用支援とか職業訓練の場とか、社会にうまく馴染めない人たちを支援しようという話題もよく目にします。

これってなんとなく不気味なことです。

何でかってこれは例としてぴったりなのかどうかはわからないけど、例えばこれから水質汚染がゆっくりすすんで、水道のお水がすごく低質になってしまうとします。

それでも浄水技術はどんどん向上しているし、泥だろうが細菌ウヨウヨだろうが人が飲む水は作り出せる。それでみんなご飯炊いてるし、お風呂も入ってる。

でも中には、じんましんになってしまったり、どうしてもお腹壊してしまう人がいる。水道のお水なんて飲めないよ使えないよという人です。

水と一緒にゆっくり汚染してきた大人たちはまあ確かに美味しくはないけどお腹は壊さないなあなんて言ってる。

若い人たちは汚染されたところからスタートだから拒絶反応を起こす人も多くて、水道水なんて飲めないという認識を持っている。

このとき、今の若いもんは弱いとかゆとりはこれだからとか、水道水飲めないって異常じゃない?問題じゃない?なんとかしないとダメじゃない?ってなるのはおかしい。

いやここまではおかしくない。

よく調べたら若い人の体の中には上の世代は全員持っているある腸内細菌がいないことが分かりました。

これは悪玉菌の一種なのですが、ある種の汚染物質、即ち浄水の過程で現れるなんちゃらクロムを融解、排泄する機能を持っており、アレルギー反応や有害な鉱物の蓄積を防ぐ役割があることが分かりました。

厚生労働省はこの報告を受け、新生児及び平成5年度以降に生まれた人全員を対象に特定の腸内細菌を投与する通達を公布・・・。

ということになったらおかしいだろ、ということです。

問題は不自然なものや危険なものに適応できない人間の方ではなくて、不自然さや危険さそのものだろう。

なんで問題を起こす原因そのもの(水の方)を疑問視しないの?

雇用支援とか心のケアをしながら社会へ足を踏み出す力をとかっていうのはまあ良いしそういうので助かる人もいるのだろうけど、僕の主観で言えばそういう人たちを問題視するかのような報道は気味が悪い。

この人たちは社会の問題だから社会で何とかしないとダメなんだっていう態度が見えると、ああだから「社会」って怖いんじゃないの?って思う。

なんでみんなそんな汚い水飲めって言うの?
この水が飲めてやっと一人前だとか意味分かんないこと言うの?

システムの軌道修正の役割を担う人

いや水質の汚染がいくら進もうが、社会システムがどれだけ腐ろうが、全員がそれに対応できるなら良いのです。

確かに問題はありません。

だけど最近ニート増えてきて困ってるんだよね、あいつら何とかしないと…っていうのはやっぱりおかしいと思う。

極まれに絶対働かないという確固たる意志を持っていてむしろ国家システムに真っ向から立ち向かってあわよくば日本転覆を図ろうとする人が定期的に自然発生するというならちくしょうあいつらなんとかしないと…って危機感を抱くのはなんか分かる。

だけどどこもかしこも「働きたくない…」って人ばっかりで、かなりの数の人が体や心に不調を訴えて実際に働けなくなっているという現在の状況です。

水おいしくなーいって皆言ってて、中には体調崩す人がいる。

じゃあ水の方ををなんとかしないとダメだろ。

みんな我慢して飲んでんだよ!
何だかんだ体調崩すって弱いよね。

ま、まじで?ってなりませんか?

時代が進めば必ずもっと適応できない人が増えていきます。汚染はどんどん進んでいくし、新生児は純粋な体や心を持っているからです。

そのときになって、圧倒的多数が飲めない水になってから、もう水はダメです。どうしても飲めません、浄水技術の限界です、っていうか技術が仇となりましたってことになったら人類は晴れて全滅です。

じゃあやっぱり今、適応できない側の人にはある程度の意味があるのではないか。

いやむしろ人類を全滅の道から脱却させる役割、間違った道を歩む集団に軌道修正を強いる役割を持っているのではないかとすら思います。

弱さを肯定する余地

うつとかニート人口が増加って、公害とかとは話しは別です。

水質汚染を例に出すのはすこしずれているかもしれない。

社会システムを作ったのは人間だし、概念的なものである以上、そのものが劣化する訳ではない。

人間の価値観とか時代ってものの方が変わって行ったのだから、システムに問題があるのではなく、やっぱり人の方に問題があるのだという主張もあるでしょう。

それにうつとか自律神経失調症とかそれ自体があるのかないのか分からない病名をつけて被害者面されても困る。

原因がよく分からないものに付けられる病名だろう?自然の法則とか種の保存を引き合いに出すのなら、社会に適応できない者は弱肉強食の絶対法則とか自然淘汰の対象となるのが自然なのではないか。

その野生に対抗するシステムことが人間の理性であって、本来ならありえない弱者を救済するという人間の理性や道徳が作り出したモノを否定するのはあまりに都合が良い。

そう、いくらでも反論の余地はあると思います。

本当にただメンタルが弱いとか人間関係の構築が絶妙に下手とか、知能が低いとかモラルが乏しいとか色々個別な要因があるのも事実。生物として弱いのかもしれない。

一概に言えないことばかりです。

しかしだからこそ社会システムを疑う余地があるし、どうしても現代に対応できない人、頭で分かっていても体が納得できないと身動き取れなくなるような繊細な人を肯定する余地もある。一律で処理できない。

自分で自分のことを繊細だと言ってしまった形になるけれども、どれだけ甘く見積もっても僕は繊細だと思う(笑)。

いつでもうつになるポテンシャルを秘めていると言えます。

でも幸い僕はえらく頑固で、したくないことはしないってタイプだからこそ何とか元気に生きています。

加えてこのように、自分を正当化することに躊躇しないという当たりのメンタルは強いです。

この辺に微妙な個人差はあれど、なんとなく世の中の仕組みに違和感を抱いていたり、どうしても馴染めなくてどことなく体調悪かったりという人はたくさんいると思う。

田舎暮らしとかスローライフ?とかに注目が集まって来ているのもその表れのはず。

僕はこの自然な成り行きに希望があると思うから、自分を信じて、しんどいものはしんどい、逃げちゃおっかなーって考えるのも良いと思う。

そんな人たちの行くべき相応しい場所はいくらでもあるし、これからも生まれ続ける。

うつ、自律神経失調症/弱々しい人間が頑なに自己正当化するサマを笑ってくれ(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク