【あの人形がかかせない】~解答編~/精神(記憶)の宮殿

金曜日は「旧佐藤医院」を舞台に謎を仕掛けて遊ぶ日です。

この記事は前回の

あの人形がかかせない~問題編~☆☆☆☆☆

の解答編です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

実際の建物を精神(記憶)の神殿に

問題は、ある女性があることの前にある想像をするんだけど、その”あること”って一体なんだろうというものです。

ある想像というのは、屋敷内のいたるところに人形が表れて、特定のビジョンを見せるというもの。

これはこの女性の精神(記憶)の宮殿のイメージです。

問題は、何の記憶の宮殿なのか。

でもその前に、「精神の宮殿」もしくは「記憶の宮殿」と呼ばれるものをご存知でしょうか。

頭の中に記憶の貯蔵室を作り出し、その中を探索することで特定の記憶を引き出すのを容易にする記憶術です。

貯蔵室のイメージは人により違い、整理された本棚のこともあろうし、今回のように現実にある場所を利用し、頭の中で記憶と結び付けてイメージする方法もあります。

図書館のようなものをイメージすれば膨大な記憶を保管し想起することができると思うかもしれませんが、この記憶術は多くの場合映像的なイメージと強く結びつけて記憶を引き出すものですので、引き出したい記憶の性質によって向き不向きがあります。

例えば膨大な量の英単語とその例文を覚えたいと考えたとき、その一つひとつにイメージを結び付けるのはなかなか時間がかかります。この場合は紙に書いて、何度も読んで、とにかく目に触れる回数を増やす方が有効かもしれません。

旅行に必要なものリストを散りばめている

記憶の宮殿のことはさておき、この女性の場合、その特定の記憶とは何なのかという話です。

それは、「旅行に必要なもの」でした。

つまり、”あること”の前のあることとは「旅行」です。

さてではなぜ旅行前に人形の想像が必要なのでしょう。

例えば

このとき私は勝手口のドアを開ける。正面じゃなくて横側の家族用玄関。お人形が踊ってるの。曲は決まってきゃりーぱみゅぱみゅの歌。これは絶対。別に好きなわけじゃないんだけど。

これは「キャリーケース」をイメージするための儀式です。旅行前のキャリーケースなんて思い出すまでもないですが、アタマの中でキャリーケースのイメージをすることで、荷造りの旅を始める準備となります。言わばウォーミングアップ。

この女性はきゃりーぱみゅぱみゅの音楽に合わせて踊る人形をじっくり見ることで、集中力を高めます。

奥の部屋で、下を向いてうつむいてる人形がいる。玄関で見たのと同じ。

よく見てみると、床がギッ、ギッって嫌な音で鳴る箇所があって、その人形はそこを何度も何度も踏みしめて音を鳴らしてる。私に聞かせるように、たまにこっちを向いてくる。

床が鳴るイメージ。足下が鳴るイメージ。下がギッとなる音をイメージの中で聞くことで、「下着」を想像します。

この要領で「トイレに赤い水が溜まっている様子」を見て生理用品を思い出し、「ガラス窓に無数の人形の顔が映る」のを見て洗面(千面)用具を思い出す。

「目を塞ぐ人形」は眼鏡、アイマスク、を思い出させる。

この女性はこんな風に、約20項目ほどある持ち物リストを脳内で埋めてから旅立つのです。

ちなみに二階は外国に行くとき用の神殿になっています。だから階段を登ろうとするとボールを「パス」してくる人形が必ずいる。ボーっとしてたら背後のガラスが割れるというイメージを瞬時にすることで、「パスポート」を引き出し、海外用の持ち物リストチェックに入る。

この記憶術の良いところは、持ち物以外のものも一緒に引き出せることです。

ある部屋には行く場所の言語を思い出すための基本フレーズが置いてあって、簡単な挨拶や質問文は丸ごと覚えていくことができる。膨大な量の単語を覚えるのには向いていないかもしれませんが、短いフレーズや単語でどうしても覚えておきたいものを引き出すには有効です。

精神(記憶)の神殿の使い道

わざわざこんなことする必要ある?と感じる方が大半でしょう。

この程度ならこんな面倒なことしなくても忘れないでしょうと。

しかし旅行に出かけたりなんかすると必ず一つは忘れ物をしていたりするものです。

下着やなんかだと忘れようがないかもしれませんが、例えば旅行に関する持ち物が絶対必要なものから趣味に関わるものまで20項目あるとすれば、この記憶術はなかなか有効に働きます。

じゃあ素直にチェックリスト作れば良いじゃんと考える方もいるでしょう。

確かにそれで良いと思います。

しかしいちいち紙を参照するのが面倒な人もいると思います。

また、「仕事の手順」や「花壇・畑に植えるものの計画」、「人の名前」「電話番号」、先ほども言いましたが「簡単なフレーズやスピーチ」などなど、記憶の神殿は工夫次第でたくさんの状況に対応することができます。

状況的にカンニングが許されないことを覚える際にも便利だと思います。学校のテスト勉強なんか、僕は絶対現実の場所に記憶を置いた方が思い出せる確率が上がると思う。

これを思い出すときはここに行けば良い、これを思い出したいときはあそこに行けば分かるという風に頭の中を整理しておくと面白いのではないでしょうか。

あの人形がかかせない~解答編~/精神(記憶)の宮殿(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク