なぜまちづくりがしたいのだろう?/「自分の中の隠れた動機」を隠しておくのも面倒だから。

というツイートを正月明けに見かけて、自分の中の隠れた動機をブログに書いておこうと思ったけれど、いや、書かない方が良いのか?という葛藤にも悩まされはや半月。

で、今日、やっぱり書いておこうと思いました。
隠しておくのも面倒だなと思って。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

まちづくりをする大義名分の数々

動機の前にまず僕が何をしようとしているのかって話なんだけど、端的に言えば町おこしとか町づくりとかになります。

だけど、「町おこししたい理由をなぜなぜ理論で考えたらものすごい初心にかえれた」でも書いたのだけど、僕は別に町おこしがしたい訳じゃない。

僕は誰かの居場所を作りたいのです。

ええと、誰かの人生の選択肢を増やしたいという感じでしょうか。

普通は、大半の地球人は、将来的には「北海道士別市朝日町」に訪れるというビジョンは持ってないはずなのです。でも誰かの選択肢になったら良いなと思ってる。

そう思った動機は多岐に渡ります。

①僕自身、世の中もっと身動き取れやすくなったら良いのに、もっともっと将来について選択肢が広がれば良いのにと思った経験があるのが一つ。

②誰かの人生に関わり、眺めることができるって楽しいだろうなって思ったのが一つ。

③ほとんどの市長町には行ったことがないし、このまま足を踏み入れずに終わる土地があるだろうことに違和感を抱いたというが一つ。

日本狭いとか嘘じゃん。でも実際狭いよな。どこも行って行けない距離じゃない、けど行けない。理由がないんだろう。

だから、住むとか働くとは置いておくにしても朝日町を訪れるという動機や理由や選択肢や手段が生まれること自体がその人の人生にはけっこう大きなことなんじゃないかと。だって普通にしてたら多くは絶対来る機会ないわけだから。

④あと朝日町が元気になって欲しいというのも間違いなくある。

愛郷心の正体を探れ/愛着はなぜ生まれるのか」にも書いたけど、自分の故郷ですから思い出補正だろうがなんだろうが大量の記憶があって、愛着があります。

でも動機って意味で言うと町をなんとかしたい!って気持ちはそんなに大きくないというか、自分でも冷静に所詮朝日町だよねって気持ちはあるし、この田舎感あふれる感じが気に入っているという部分もあるので、観光客や移住者がわんさか来て経済的に潤えば良いとは考えてません。

むしろ町づくりというのであればそういうただお金落とすとかこなすスポットになるような、消費者に迎合するやり方は避けたい気持ちです。個人的にはですが。

お好きなしがらみをお選びください

どうして僕が朝日町で町づくりのようなことをしようとしているのかという話しです。

今までのはいわば大義名分の、人に言う用の動機であって、決して嘘ではないけれど、自分の中にある動機を開示しようとすればまた違うものになります。

つらつらと並べた大義名分をよく見ると朝日町にこだわる必要がないことがバレてしまうのですよ。

では僕が朝日町にいる本当の動機は何なのか。

それはたぶん、この町に祖父母がいるからです。

履歴書に書けない経歴をつきすすめ」を読んでくださった方は察してくれてるかもしれないけど、僕はけっこうなおばあちゃん子なのです。

じいちゃんとはあまり話しをするって感じではないから(あんま会話にならないしね笑)、やっぱりどっちかというとおばあちゃん子。

残念なことに、きっと10年後には二人はいません。今はやけに元気だから分からないけど、もしかしたら5年後かもしれない。

それこそ僕のお節介に違いないんだけど、あと何回と考えると僕が寂しいって言う気持ちの方がずっと強いんだけど、幼少期にあれほど傍にいてくれた二人に、僕は今寂しい思いをさせるわけにはいかないという気持ちがあります。

子は子で幸せに元気にやるのが一番の孝行だって言うこともあるけど、それが真実だとしても僕には納得ができない。

僕の方が二人に会いたいという気持ちを押し殺さなければならないからです。

他にも好きな人はたくさんいます。会いたい人や話しをしたい人はたくさんいます。それら全ての人に会うのはなかなか難しいですし、時間が限られています。

だけど順当に考えれば、タイムリミットが間近いのは祖父母なのだから、一番時間を使いたいのはこの二人。

近い将来、もっと会っておけば良かった、もっと話しておけば良かったと後悔するのは嫌なのです。

と言っても、近くにいたらいたで別にずっと顔をあわせている訳でもありませんし、イライラすることもあります。同じ話しばっかりだし、正直、もう「もっと話しておけば良かった」と後悔するということもないでしょう笑

本当に嫌なのは、いつか「寂しい思いをさせていたかもしれない」と考えてしまうかもしれないということです。そんな後悔はしたくないし、他の家族にもそんな後悔はさせたくありません。

だから僕は朝日町に留まりながら、朝日町で僕が寂しくならないように、楽しめるようにあれこれと考えているというのが本当の動機です。かなり自分勝手です。

人に会いたいとか景色がとか言うのであれば本当は朝日町どころか日本にこだわる必要すらありません。

僕が朝日町にいるのは祖父母がいることと、少しの愛郷心が僕を繋ぎとめているからです。

なぜまちづくりがしたいのだろう?/「自分の中の隠れた動機」を隠しておくのも面倒だから。(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク