なぜ自分で書いた小説なのにあらすじを書くのが難しいのか

小説が一本(ほぼ)書きあがったんだけど、これは自分で製本して一冊本を作りたいと考えているので内容自体をブログとかで載せるつもりはありません。

自分で書いた小説をどうやって見せればいいんですか

で書いたとおりどうやって見せれば一番見やすいかも分からないし、載ってたところで誰も素人の三文小説なんて読まねえだろという意識が強いから。それなら無暗に大海に放り込んでゴミにするより、自分のモノとして大事にしたい。

だから本を書く、本を作る、そして読むという一連の作業を個人的な領域で完成させて、一人でニヤニヤ悦に浸れれば余は満足じゃという感じ。

自分で書いた本を自分で製本して自分だけの本棚を作る

ではなぜ半端にこういうことやってるよってブログで書くのかと言うと、このブログのテーマの一つである「創造」という行為は見せびらかしたいなと思ってるから。

色んなタイプがいると思うけど「創造」ってストレス解消になるし(悪口とかだって創造の一種だと思う)、創造という言葉から受け取る過剰にクリエイティブな響きだったり芸術的な感覚とかとは別に、僕らの人生って既にパッケージングされた何かを与えられるのではなく、自分でデザインしたり選んだり微調整しながらオリジナルのものを作り上げるというオリジナル感覚があると思う。

つまり僕らの人生はしんどい。小説を書くようにしんどい。一文字一文字選んで一つの物語を紡ぎ出すような面倒臭さがある。

じゃあ誰かの価値観に沿って動けば楽かと言われればそうでもない。文章で言えばこれが名文だから書き写しなさい、この通りに書くと文章は間違いないのですよと言われてその通りにしてれば大過なく生きられるのか、偉大な文章化になれるのかと言えばそうでもない。

それなら自分の中にあるちょっとした理想とか、好みとか、方針みたいなものを貫いた方が、面倒なようでずっと楽なんじゃないか、少なくとも楽しいんじゃないか。

自分が作りたいものを作りたいように作って、誰に認められずとも満足できるのであれば、それで良いというのは自分で書いた小説のみならず、極端なことを言えば人生においてもそうなんじゃないか、ということをなんかアピールしたい。なんならそこのところは認められたい。

ということで前置きがクソ長くなってしまいましたが、この記事は小説の内容は見せないけど、どこに内容が気になるという方がいるかもわからないのであらすじだけは書いておこうと思い立って書き始めた記事です。

でもなんかしょっぱなが回りくどくなっちゃったので、あらすじは別の記事に書くとして、なんで自分で書いた小説なのにこんなにあらすじ書くの難しいんだろうという話題にしたい。

文学賞とかに投稿する小説でもあらすじを書かせるところが多いですからね、小説家などを目指している人であればこの「あらすじ本編書くより難しくない?問題」は感じている人けっこういると思うのです。

その理由を考えていこう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

あらすじを書く際のタブー

文学賞とかに応募するときにあらすじを書くんだけど、このときにやっちゃいけないことがいくつかあるそうです。

例えば映画の予告みたいにしてしまうこと。

大事なオチとかトリックのところは書かないで、結末を匂わせるとかそういうことしちゃダメなんだそうです。果たして彼らの運命は!とか驚愕のトリックに騙される!みたいな。

煽り文とか広告文みたいなのじゃなくて、淡々と最初から最後まで一連の話の流れが分かるように書くのが正解なんだそうです。

考えてみればそうですよね。なんであらすじ書かせるかっていうと、そこで文章力をはかるという意図もあるのかもしれないけど審査の負担を少しでも軽くするためですよね。

ああなってこうなってってアウトラインはあらかじめ知っておく方が読みやすいし、どういう意図で書いているのかが分かると分からないのとでは評価も違うでしょう。

例えば叙述トリックを使う小説とかだと違和感ある文章がけっこうあったりするけど、それが叙述トリックだと分からなかったらただのミスに見えますもんね。

あと、素人だと未熟だからこういう風にトリックを完成させたいんだけど、力量が伴わず不発ということもあるはず(このとき意図はただのミスになる)。そういうところも審査員は見て、もう少しこういう風にすれば意図通りになるんじゃないかみたいな見方もできるようになる。

それに驚きのトリックとか衝撃の結末と言ったところでパターンは正直限られてるのだし、何通りかに類推することは可能なんですよね。今までの傑作を越える結末を素人が用意できる確率は限りなく低いし、その限りなく低い可能性に煽り文ほどの多大な期待をかけることはできない。

良いからどのパターンで行くのか言えやみたいなところがあるのでしょう。

良作は再読に耐える

でも自分の小説のあらすじを書く人はもういっちょまえに作家のつもりでいますから、自分の作品でアッと言わせたいみたいな気持ちもあるのです。

オチ先言っちゃったら面白くないんじゃないか、犯人分かってたら台無しになるんじゃないか、それじゃあ自分の作品を100%楽しんでもらうことはできない。

でも良い作品って再読に耐えられますよね。

【中毒性あり】10回は繰り返し読んだ本(短編小説編)

面白ければミステリーだろうがなんだろうが、同じ作品を何回も見たりするし、どこでどうなるって全部知ってるのに毎回楽しめます。

つまり結末や意図を説明してそれで台無しになってしまう作品であればその程度のものということで、いずれにせよ大したものじゃないと言うことができる。

だから自信があればこそ、すべてをありのままにコンパクトに収納して書くべきなのです。

それでもあらすじを書くのは簡単ではない

うんそういうのは分かる。理屈は分かる。でもそれが分かった上で自分で書いた小説のあらすじ書くの難しい言うとるやんけというのが悩みなのですよね。

偉そうなこと言っておきながら、あらすじ書くの難しいなあって思って僕こんな記事書いてる訳だから。

文章力の問題もあるし、そもそも作品の構造の問題もあったりするけど、自分で書いてよく分かっているから、やっぱりこう言うとなんかニュアンス違うんだよなとか、こういう書き方すると主題がどこにあるか分からないなとか超悩んじゃう。

この時点で自分の作品の未熟さを直視するのは難しいから、なんとかして今ある材料で傑作っぽい空気を出そうとする。だから難しい。本当にありのままに書いたらマジでつまらなそうなのができてしまうから怖いんですよね。

でもそういった技術的にも精神的にも難しいということを踏まえて、ゆっくりとあらすじを書いてみます。

次の記事ではもう少しもったいぶって(まだ書き直したり書き足したりするだろうし)あらすじを書くための下準備、人間関係や人物やテーマなどを書き出してみるところから始めたいと思います。

自作小説のあらすじを書くための情報の洗い出し

自作小説の「あらすじ」が完成/数万字を1000文字に

なぜ自分で書いた小説なのにあらすじを書くのが難しいのか(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク