【集中するために】~問題編~☆☆☆

金曜は「旧佐藤医院」を舞台に謎かけをする日です。

最近は家にいると熱いので、特に午後のむわっとする時間、眠くなる時間は涼しくて静かな「旧佐藤医院」を使って書く仕事をしてみたり読書をしてみたりして過ごしています。

だけどすぐに作業場としてしっくり来た訳ではありません。

自分が最大限の集中力を発揮できる環境を整えるまでには、微調整が必要でした。

そしてついに、今では完璧な環境が整ったと言っても過言ではありません。

今回はその過程で生じたちょっとした謎のことを書いてみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

集中できる環境づくり

旧佐藤医院は基本的に涼しく、真夏でも過ごしやすい家です。

熱があまり蓄積しないのか隙間風があるのか、足元は少しひんやりするくらい。

僕はここでは7月でもこういうルームシューズを履いていますし、一応上着も持って行きます。暑いと感じても寒いと感じても集中力は落ちますからね。

作業椅子の座り心地は大事です。

僕は長く椅子に座っていると痔になるのではないかという強迫観念が湧いてきて集中力が切れるので、ドーナツクッションも持ってきました。

ビフォー↓

作業場

アフター↓

作業場 ドーナツクッション

ノートとお茶は必須。

このドーナツクッションはほんとお尻に優しいですよ。ちょっと本気で宣伝するけど、これカバーはずして洗えるし、低反発素材で沈み込むような坐り心地だけど腰に負担かからないし、座りっぱなしで痔になるんじゃないかって思ってる人、痔にだけはなりたくないなって思ってる人に本気でおすすめ。

amazonのレビューみたら合う人と合わない人いるみたいだけど、割と低価格だし、少なくとも痔になる前、腰が痛くなる前くらいの人にはおすすめ。

お尻の穴に圧力かかってるなーって思うと集中なんてできないですからね。

お医者さんの円座クッション ブルーグレー

新品価格
¥3,000から
(2016/7/14 21:53時点)

ちょっと脱線しました。

さて、時には机の向きを変えることも試してみました。

この向きだと暗くて疲労が溜まるかな?と思ったので、くるっと向きを変えてみたのです。こっち向きの方が日中日当たり良いです。ついでにライトも置いて見ました。

結局元のままが良い事に気づいて、今では最初の位置で収まっています。

机の向き

ライトも、暗くなるまではいないのでほとんど使わないことに気付き、今は使ってません。

また、一月ほど前はまだ天気の悪い日なんかであれば肌寒さを感じたりしましたが、今では気温が高くなってきましたので、窓を開けて風を入れるようにしました。風が入ってくるとかなり空間が爽やかになった感じがします。

ビフォー

隣りの部屋

アフター↓

窓を開ける

あと忘れちゃいけないのがハエ叩き。

窓が開いていることも関係するのでしょうが、暑い時期はハエが多いですし、あいつらの羽音は静かな建物内ではとても大きく聞えます。近くで飛ばれたらイライラする。こいつが集中力を途切れさせる最大の敵と言っても良い。

と言ってもいつもいるわけじゃないから、最初はハエが出るたびに物置にハエ叩きを取りに行っていたのですが、近頃では面倒になって近くに置いておくようにしました。いまだというタイミングでハエ叩きがないと逃しますからね。

すると不思議なことに、ハエが飛ばなくなったのです。

あいつら、ハエ叩きがあることが分かるのか、ハエ叩きを足元においておくようになってからとんと飛んでこなくなった。

すると当然のことならが集中力は増し、ものを書くとき特有の、追われるような、秒読みされているかのような焦燥感も消えて行きました。

問題 ハエはハエ叩きを認識できるのか否か

これってすごくない?と、僕はある友人に話ました。

集中力を高めるのに最適な作業場を作る過程をここで書いたみたいに話して聞かせました。

友人:すごいって?

いや、ハエ叩き置くようになってからハエ来なくなったの。あいつらあれは自分たちを退治する道具だって分かってんだよきっと。

いやバカじゃないの?そんな訳ないじゃん。

え、じゃあなんでハエいないのさ。他の部屋にはいるぞ?

そんなのここに来たら一目瞭然だし。さっきの写真見せて?
あーこれ見ても分かるわ。努力は認めるけどハエがいなくなったのはハエ叩きのおかげじゃないし、この暑いのに集中力上がってるのもきっとこのおかげだな。

え、なに言ってるの?これってなに。
いやでもハエいないのデカいよ?それに温度も良い感じ。
ドーナツクッションも長時間座るのに助かってるし、あ、机になれたってのもあるかも。

うん、それもあるんだけど、もっと直接的な原因があるよ。

なに。

なんでしょう!

解答編はこちら

集中するために~問題編~☆☆☆(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク