部分の総和は全体にならない。材料を揃えても最終的にはイマイチな結果になるのはなぜ?

文脈が大事だという話をしつこく書いていこうと思います。

まず、創造社会論(3回目)という講義中、松川昌平先生が仰っていたことですが、「部分の総和は全体にならない」ということを頭にいれておく必要があります

この部分は

点と丸を意識する文章を書く。/あらゆる思考は世界の一部で世界の全部

と重なるところがあると思います。個人的にはすごく触発されて面白かった。

このままでは全然意味が分からないと思いますから、僕なりに咀嚼したことを書いておきます。

これ人生のあらゆるところで応用できる重要なことな気がする。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

材料はそろってるのにできない

材料は揃ってる。でもうまくいかないことってある。

人生のあらゆる場面でこういうことは起きますよね。

材料は揃ってるのに全体で見るとなんか残念。

例えば・・・って挙げだしたらキリがないんだけど、身近なところで言えば、文字とか。

僕は自分の書く文字が好きではないんだけど、一文字一文字は別に汚くない、と思う。でも文章になったのを見るとなんかバランスが悪くて、下手だなあって感じる。

あと、料理でしょうか。

材料は間違いないし、分量もあってる。だけどなんか美味しくない。

他にもある、いくらでもある。

言っちゃえば人生がそんな感じってこともあるでしょう。

今までの経験の一つ一つは別に申し分ない。普通に充実してるんだけど、なんかやっぱ俯瞰してみると俺の人生イマイチ。

これはちょっとひどいっすね笑

でも多分なんだけど皆そんな感じだと思う。少なくとも俺の人生イマイチだなーって感じたことはみんなあると思う。

こういう風に、なんか出来上がりをみると違うなーってとき、何が問題なんでしょうか。

それぞれの問題を切り離して解決できても、全体の解決にはならない?

もう少し事態を複雑にしてみましょう。

あらゆることは複雑で、簡単にいかないことばかり。

少し創造社会論に寄せる努力をするとすれば、例えば松川先生が言っているのは建築やそのデザインについてです。

単純な人間関係が複雑なコミュニティを創る/形に文脈を添えてデザインするコミュニティ作りの考え方

で触れたとおり、物事は単純な構造の繰り返しで複雑を作っています。

そんな風に出来上がっている「形」に「コンテクスト(意味、文脈、評価、価値)」を加えることで、優れたデザインが生まれる。(環境や状況にフィットする)。

だけど、この形に付加されるコンテクストが要求するものは非常に多い、と松川先生は言います。

そうですよね。

家のデザインって言ったって、まあなんとか家の形は作れるかもしれません。わらの家でも木の家でもなんでも良いんだけど、家を作るのはまあできる。

じゃあそれが優れたデザインを持った家であるようにするためには、どれだけのコンテクストが必要でしょうか。

狼が来ても大丈夫で、ちょっとやそっとの雨風じゃビクともしなくて、日当たりが良くて、風通しが良くて、でも寒くなくて、収納スペースがたくさんあって、出来るだけ大人数が住めて…っていう風に、挙げだしたらキリがないほど、そのもののデザインを決する条件というものは多岐に渡る。

そして多分、全てを同時に満たすことはできなかったりする。

風通しは良くて夏は快適だけど冬超寒いとかはある程度物理的に仕方なかったりして(優れた空調システムでどうにかなるかもだけど、例えばの話し)。

コンテクストと、それが要求する形の関係は入り組んでるのです。セミ・ラティス構造をしているというそうです。

でも、そんな複雑なコンテクストの中でも、関係が近いものと遠いものってありますよね。

この当たり抽象論だから正確かどうか分からないんだけど、日当たりの湿度はセットで考えた方が良いから隣り合ってるなとか、庭が芝かどうかと床面積は関係が薄いからちょっと離れてるなとか。

そういう風に離れているところを切り離して、ある程度細分化した後、それぞれ適した形を作って行く。問題を解決していく。

すると小さなセットがいくつもできるから、今までは複雑な形をしていたコンテクストたちが整列して、樹状(ツリー構造)になる。

って、この辺は講義で話してたことほぼまんまだから気になる人は講義を確認して欲しいんだけど、まあこのように「困難の分割」?のようなことををしてそれぞれを解決し、それらを組み合わせても、優れたデザインになるかどうかは分からないという話です。

というか高確率でダメってこと。

トリックとデザインの違いは正解があるかどうか

ちなみに「困難の分割」ってのは金田一少年の事件簿で知った言葉です。なんかカッコいいよね中二病心をくすぐりますよね。

で、まさに小・中時代に読んでた金田一に出てきたこの言葉は、本来マジックとかの用語だそうです金田一一さんによると。

全体(観客)で見ればありえない程困難なことをしてるみたいなんだけど、パーツパーツは十分にできることで、最終的にはすごいマジックになってる。不可能犯罪っぽいんだけど、困難の分割をするとできちゃう。

でも建築デザインとなるとそうはいきません。なぜなら、デザインの正解は一つではないからです。

このブログの目的である創造によるコミュニティ作り、町おこしって観点で言っても同じことです。

イベントとかお祭りとか新製品開発とか一つ一つは成功だったりなんだりして、なかなかうまく行ったりするんだけど、トータルでうまくいかない(ことが多い)ですよね。

これってなんでなんでしょうほんとに。

繋ぐ何か

人間の材料を集めても人間は作れない。

完璧なデートプランを立ててその通りに実行しても告白は失敗する。

人生はおおむねうまく行ってるのにパッとしない。

町おこしっぽいことはやってるけど町起こらない(何を持って町おこしが達成できたとするかによってちがうけど)。

大きなことから小さなことまで、「部分の総和は全体にはならない」という現象を垣間見ることができます。

逆になんでそうなる?って部分を解明できれば、建築だろうがコミュニティの形成だろうが人生だろうが、うまくいくんじゃないでしょうか。

で、なんでそんな風に全体で見るとパッとしないのかというと

「コンテクストをそもそも切り離すべきではない」

らしいのです。

僕もそう思う。

こっからは僕の考えでもしかしたら講義の内容とずれてるかもしれないんだけど

「コンテクスト」は連なってるからこそ「コンテクスト」なんですよね。

評価とか価値って基準で考えると、それぞれを解決すれば良いじゃんって思うんだけど、もっと文系な感じで文脈とか意味って考えると、連なってないとそれコンテクストって言いませんやんって思うのです。

切り離した時点で存在矛盾が起きてると言ってもいいんじゃないでしょうか。

切り離せちゃったものをまた都合よく組み合わせるということは、少なからず恣意的な操作があるワケで、別のコンテクストができちゃうよね。

んー分かりにくいだろうか。

すごいミステリー小説を書こうとして、でもやっぱり難しいから、それぞれ切り離して考えようとしたとします。

トリック、動機、登場人物、舞台、などなど。

それぞれは超面白そう。

よしこれで完璧だと思って、それぞれを辻褄の合うように組み合わせてみると、思ってたより面白くない。なんで!?となる。

なんでって、その登場人物がその舞台に辿り着き、ある動機を抱き、奇抜なトリックを実行する意味がないとそりゃ面白くないです。

これが文脈なんだけど、自然発生したものじゃなくて急ごしらえの文脈だと、どうしても最低限の100均で買ってきたジョイントみたいになって、繋がってるんだけど遠目に見るとまとまってないという感じになる。

本来それぞれの文脈を繋ぐモノってすごくふわふわしてますよね。見えるんだか見えないんだか分からない。あるんだかどうかも分からない宇宙のダークマターみたいな存在。

もうそんなのないって言ってもいいんだけど、ないって言っちゃうと説明がつかないんだよなってことです。

例えば、「夏休みの旅行に北海道を選んだ理由」とか、「猫を飼いはじめたきっかけ」って言うのは、説明できるにはできるんだけど、完璧に伝えようとしたらけっこう雑多なことまで言わなきゃならないと思いませんか?

で、その辺のダークマターみたいな繋ぎの部分こそが人間だからこそ生まれることで、人間同士の関係性の中に芽生えるんじゃないの?っていうことを井庭先生は言ってたと思います。

なるほど。難しい話になってきました。

文脈が大事だとこれまでにも何回か書いてきましたが、その要素を繋ぐ文脈って意外につかみどころがないぞ、と。ただ理屈上辻褄が合ってたら良いって訳じゃないぞ。

文脈+「文脈に混ぜる繋ぎ」みたいなものが大事…でもそれってなんだろう。

長くなってきたから次回にまたいでもう少し考えます。

続き→目標を達成するには必要な要素を並べてもダメ。「無駄」が要素を繋ぎ、目的を達成する鍵となる。

さらに続き→形が先と言っても、とにかくやってみるとは違う。/毒舌キャラの作り方

部分の総和は全体にならない。材料を揃えても最終的にはイマイチな結果になるのはなぜ?(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク