自分のところで止めない

何事も循環が大事だよね、だから「まちづくり」のこととか、「文明と文化」という切り口で考えてもそれは同じだと思うんだよねって話を

当ブログの軸となる概念図の説明をさせてください。こんな風に「まちづくり」を考えています。

まちづくりの原動力とサイクルの話/僕らはけっこう掴みどころのないもので回ってる。

でしてきました。

別にシリーズというわけでもないけどこの記事はその続きで、「じゃあ、自分のところで流れを止めないまちづくり」ってなんだろうかということを考えたい、というか僕はこうしたいってことを書きます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

移住者を増やす目的のまちづくりじゃない

「まちづくり」に関心があって、こういうことやってて…とかいう話になると、「移住者増えたら良いね」というような応援?をいただくことがあります。

ここまでストレートな物言いをすることは滅多にないですけど、「仕事があって、あとは結婚相手でもいたら居ついてくれるのにね」、「結婚させればこっちのもん」みたいなことを冗談交じりで言ったりするのを聞いたこともあります。

昔の会社かよってノリですが、誤解のないように言っておくけど、これは半ば自虐で言ってるのであって、本当に言葉通りなわけではありません(多分)。「仕事もそんな無いし出会いがある訳でもないだろうし若い人はそりゃ来ないよね」みたいなことの裏返しで言うのだと思います。

少なくとも僕は「まちづくり」に関心はあるけれど、移住促進という目的は持ってないです。

もちろん移住したいという人がいればそりゃ応援はするけど、移住とか定住がまちづくりのゴールだとは思っていない。

正直、軽いノリで言うところの「移住者増えたらいいね」ってのは、その後のこと考えられてないと思います。

軽いノリで言ってるのだから当たり前だし罪はないんだけど、ただ漠然と移住者増えたらいいねってときは「移住者が増えました!めでたしめでたし」って感じでその話は終わっていて、その先のことを考えてないと思うのです。

つまり、あえて嫌な言い方をすると自分のまちで人を囲い込むことに成功したらそれで良し、あとはその人次第、勝手にやって、という状況になりかねない。「ここに留まってくれる」というところにのみ価値がある。

実際は新しく来てくれた人のこと大事にする地域が多いだろうから実体に即した話ではないですけど、「まちづくりの計画を考える」という文脈ではこうなりがちという話。

交流人口を増やすためのまちづくりでもない

じゃあ、お前はいわゆる交流人口が増えれば良いと考えていて、そのために色々考えているのかい?と言われても、なんか違う。

そうなんだけど、そうじゃないです。

観光でもイベントでも何でも良いけど、とにかく人が巡るようになれば良い、人が通る場所になれば良い。そうすれば、お前の言う循環が大事って話にも合致するようだし、それでもってまちが活性化すれば、色々と波及効果が望めるから、地方はそういう風に生き残るべきという話かい?

うん、まあそうなんだけど、そうじゃないのです。

そうじゃないって言うのは、いずれにせよ、人を「物体」とか「数字」としてしか扱わずに、ただその増加を目指すのであれば、「その人のその後」を考える余裕がなくなってしまうので、流れを止めてしまう結果になるんじゃないかということ。

これは感覚的な話です。

自分の町に人が来てくれる、住んでくれるというところをゴールに据えるということは、自分のところでその人のストーリーを留めるということだと思うから、僕個人としてはあまり魅力を感じないという話。

何でも誰かの人生の途中に位置する

当たり前のことですが、どんな人の人生も過去があれば未来があります。今日とか今の繰り返しが過去を作り未来に繋がって行く。俯瞰すると一本の腺のようになっていて、それは連綿と続いていく。

つまり、どんな人の今も、「何かの続き」です。どこかに行く途中、何かになる途中、もしくはここにいる自分を感じている途中であったり、何かである自分の途中。生きている人は誰一人完成していません。いやそれどころか、死んだ後のことまで考えて生きるのが人間です。

「田舎に移住すること」を決めた人がいたとしても、その人は田舎で移住してゴールな訳ではない。田舎でこういう人とこういう仕事をして、こういう会話をして、こういうものを食べて、こういう暮らしをしたいみたいなビジョンがあって、それが叶えられそうだからそれを叶えに行きます。

もしくは、ただ訪れるだけの人もただそこに来ることを目的とするわけではなくて、例えばライターならそこでどんな記事を書けるだろうと考えるし、写真家ならどんな写真が撮れるだろうと考える。観光に来た人ならきっとその休日の充実度を少しでも高めるためにそこに来る。

寝る前に、今日はあそこも行けたし、あれも見れたし、あれも食べれたし、満足だなーって感じでトータルの線で考えたりしますよね。「理想の休日像」と照らし合わせて満足度を決めたりすると思う。

だからそこに来る人はそういうオリジナルストーリーを生きているあくまで人であって、自分の長いストーリーの一場面としてそこを選ぶのだということを考えてやっと「まちづくり」になるのではないかと思います。

でもこんなこと程度のことなら、やっぱり書くまでもなく当たり前の話で、どの地域も自然に考えているに違いない。

僕らのファジーな部分

だから僕がこの記事で書きたいことは以下のようになります。

それは、僕らが求めている理想の自分像や理想の時間の使い方像は本当はもっと漠然としているのではないか、ということ。そういう人もいるというより、みんなそういうところがあるだろう、という感覚がある。

僕らが人生に描くビジョンというのは、こうなりたいとかこうありたいとかこうしたいって明確に言葉にできるものは本当は思ってるよりずっと少なくて、もっと漠然としていて、しばしば匂いにつられるようにして道を選ぶようなこともあるのではないか。

もしくは自分では無意識のレベルで行っていた選択が、どうしようもなくその人となりを表しているんだけど、それに自分で気付くのはとても難しいのではないか。

何かの途中で、何かを目指していることは間違いないんだけど、それが何で、どこなのかは分からない。きっとこうなりたくない、みたいなビジョンはもっとはっきりとしている。だけどベストをベストと信じるには自信も根拠も少なすぎる。でもやっぱり自分が惹かれてフィットする何かがどこかにありそうな気がしている。そういうファジーさを僕らは持っている。

内省の場所、次に繋がる場所

僕が自分のまちで止めたくない人の流れというのは、こういう部分です。

うまく言葉にはできないけど自分は何かを目指している途中で、何かを求めている途中であるという感覚を止めたくない。

でも僕らは、無理やりにでも何を目指していて、何を求めているのかを言葉にしなければならないタイミングがある。自分はこうなのだ、こういう人なのだ、こうすれば幸せなのだと決めなければならないときがくる。

その結果としてこのまちを選んでほしいとは思ってないのです(思われたくないという意味ではないですが)。

できればこのまちは、というか僕の周辺では、ファジーな部分をファジーなままゆったり見つめる時間を過ごしてもらいたい。

有体に言えば誰かが静かに内省する場所を僕は作りたいんだと思う。

必要ならいくらでも話し相手になるし、僕自身苦手ではあるけど、思ってることを言葉にするお手伝いもできるかも。

それで何となく自分はこういうことを考えてるんじゃないかな?ということが分かったら、それを頼りに自分の続きを進めて欲しい。そういう風に役に立ちたい。(でもこれ結局誰かのファジーな部分のファジーさを取り除くってことになりますかね。矛盾してるかな。どうだろうな→次書く)

まあ、そんで僕はその人の話の続きを想像して楽しくなる。また何かの帰りに寄ってくれたとき、おー〇〇さーん、その後どうですかって感じで話をして、人生の一部を共有できる。そういう関係が作れるまちづくりがしたいと思ってる。

自分のところで止めない(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク