文化的なものの役割(まとめ)

最近は一貫して文明と文化について考えてまして、ここ直近の記事のテーマは「文化的な物の役割」でした。ぐちゃぐちゃでコツコツ読んでくれている方にすら伝わってないと思うけど笑。

今日(から)は「文明はなぜ崩壊するのか」がテーマになります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

簡単にいままでのまとめ

今までの記事の内容を簡単にまとめると、まず文化というものは僕らの思考や行動様式が文明に傾いてしまったときに、正常な状態に直す役割を持っている。

これはどちらかと言うと時代とか国とかって大きなスケールのものを対象としたときに表れる役割でしょうか。

あなたには『モモ』を読む時間はあるか/ミヒャエル・エンデと文化的なものの役割

文化というものを個人的にですが解釈すると、それは「なんとかして伝えようとか、何とかして理解しよう」という作業全部で、それは創造行為である、と書きました。

剣淵の夜①絵本の里けんぶち/文明と文化~文化を創るということ

理解とは創造的な行為だから、本気でやればだれでも産む苦しみと産む喜びを味わえるはずだよ

個人レベルで言えば、文化とは自分の世界を広げる行為であって、この世界は自分のもんだと納得するために不可欠なプロセスである。

赤ちゃんはなぜ泣くのか/生まれる苦しみと産む苦しみ

納得に向かう行為であるが故に、創造にいたった時点でカタルシスの効果がある。

創作にいたる病

で、伝えるにも理解するにも、それが創造行為だとするならば、できるだけ自分(思い込みとか嗜好)を消し、客観的な立場に立つことが大事。

なぜなら、一個人である以上正しいも間違っているもなく、極端な一意見でしかないならそれは質の悪い創作物となってしまう。

悪口/悪口

普遍的なものとなって初めて人口に膾炙する訳で、その瞬間こそが文明(明らかな文)として認められた状態だと思う。

そして、それだけのものを作り出すには、産む苦しみとそれなりの時間が必要だと言うことがもっとも強調したいところ。

これはもっぱら『モモ』を引き合いにだして書いたところであります。

モモを読む/現代の必読書『モモ』に学ぶ自分だけの時間の見つめ方

今は文明に傾いてしまって、とにかくすぐ形にするとか、とにかく分かりやすくというものを偏重する傾向にあり、使い捨ての時代で、答えに辿り着くのが容易な時代で、人が自分の力で考え、選び、感じる余地を奪ってしまっている。

文明は発展したが一向に楽にならず、忙しいだけで辛くなってく一方なのは、感情の大きさはずっと変わらないからだ。

文明が高度に発達しても一向にぜんぜん洗練されない人間

まとまってるのかな?
まとまってないなあ。リンク貼っただけだしな。

しかし僕の中ではやっぱり書いているうちに固まってきた流れみたいなのがあって、なんとなくまとまってきてる感覚があり楽しい。

ただそれを伝える力が乏しいだけ。

とりあえず知ってほしいのは、これまでは「文化的なものの役割」について考えてきたということと、ある種の結論が出たということ。

それは、人の心や頭の中に時間をかけることは大事っていうことと、そういう時間や欲望は自ずとなんらかの創作行為にいたるということ。

別に興味はないと思うけどここで僕の立場を説明すると、僕は別にアンチ文明社会ってわけじゃないけど(むしろもっと進んで欲しいところはいっぱいある)、文明となるためには文化が必要不可欠だと思うのと、単純にバランスが悪いのが気持ち悪いと思っている。

なんだろう、もっとさっぱりと言いたい。

色々と理屈をこねくり回してきたけど、人は頭とか手とか感情を使って色々創作するのは生理的に面白くて、創作という形で吐きだすだけで体調が良くなったりスッキリしたりする。

で、吐きだしたものは共感されたり共有されると嬉しい。さらにスッキリする上、満足感もある。

そのどちらにもある程度の時間がかかる。ってことを言いたかった。

一人一人が満たされてたら自然にその人々が構成するコミュニティとか、町とか国レベルで満たされるはずだし、バランスを整えるべきなんじゃないかなと。

ちなみに、繰り返しになるのだけど、創作行為には「理解」という一見受動的に見える行為も入るから、創作とかモノ作りとか興味ないという人に対しても全く同じことが言える。(理解したと思えると単純に楽しい)

さらに今後、なぜ文明は崩壊するのか、について考えることができたら、さらにこの結論めいたものを補強する形になる(かもしれないし)、よりまとめやすくなるかもしれない。

ということで「文明はなぜ崩壊するのか」について考えて行こう…と思ったんだけど、この記事は今までのまとめってことでいいや。もう2000字くらいになってるし、備忘録はコンパクトな方が良いだろう。

記事のトップ画像は得に意味はないけどこないだ行った石川県(結婚して姉が住んでる)の茶屋街で見た景色。せっかくだから使う。

石川いいとこなんだよな。姉がいなければ一生行かなかったかもしれないってのが怖いぜ。

文化的なものの役割(まとめ)(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク