「まちおこし」と「まちづくり」の違い

「まちおこし」と「まちづくり」の違いってなんだろう。

ある程度一緒くたにされてるのだろうし、興味ない人は考えてみたこともないことだろうし、僕だって定義を知っている訳ではないけど、このブログ内では一応使い分けているので、ちょっと自分なりに整理してみます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

まちおこしは外、まちづくりは内

「まちおこし」の動機は外側にあります。

つまり世間に認められること、お客さんを呼ぶためのあれこれ、国の問題を解決するための具体的方法(移住促進や育児支援みたいな?)。

一方、「まちづくり」の動機は内側にあります。

自分の部屋を快適にするためにあれこれやるのと同じ。

掃除をしたり、模様替えをしたり、センスの良い雑貨を置いたり。

 混同されるまちおこしとまちづくり

このタイミングで言うのもなんだけど、この記事内の話はあくまで僕なりの理解なのであんまり鵜呑みにしないでくださいね。

この記事はいわば、まちおこしとかまちづくりに携わる人ってみんなこういう解釈だよね?違う?違ったら教えて、的な確認作業です。

さて、しかしまちづくりとまちおこしは混同されているような気配があります。

別に区別なんてないんじゃないの?って感じの人も多いでしょう。

どうしてか。

それは、これらの言葉の違いは動機による違い、つまり外からは見えない領域による違いだからです。

外から見た分には、やってることは一緒だったりする。

つまり、この町に素敵なカフェがあったらいいなとか、こういう子育て支援の仕組みがあれば楽だなーと個人的に考えたことも、観光客集めたいからいい感じのカフェ作ろうとか、子育て世代の移住のために子育て支援の仕組み整備しようとすることも、見た目は一緒ということ。

まちおこしに飲まれるまちづくり

さて、動機が外側にある場合と、内側にある場合では、どうしても外側に動機があることの方が尊重される傾向にあると思います。

だって町って公共のものだし、その町のことを考えるとき、自分本位に考えるか、人様のことを考えるかで言ったら後者の方がなんか正しいような気がする。

それに各自治体の財政難とか、都市に集中する人口とか、そういう社会的な問題解決の一旦を担えるポテンシャルが地方にあるのだと言われれば、それに応えたくなる気持ちもある。

加えて単純に自己満足よりも世間的に認められることの方が価値があるようにも思える。

自分のために料理作るより、やっぱり人に美味しいって言われた方が満たされるところがあります。

だから「町をどうにかしたい」と僕らが叫べば、自動的に社会的に有意義なことをするものだろうという共通認識があるのではないかと思います。

つまり何が言いたいかと言うと、たとえ言葉が区別されていたとしても「まちづくり」っていう活動に覆いかぶさるようにして、「まちおこし」という概念があるという感じ。

「まちおこし」と「地域活性」の違い

もう一つ紛らわしい表現として、「地域活性化」ってのもあると思います。

まちおこしとほぼ同義と言っても良いと思うんだけど、まちおこしの目的が地域活性化なんでしょう。

ここで言う活性化というのはざっくり「経済の活性化」のことと言い切ってしまっても良い。

そう言うと、いやいやそうじゃないよ、地域住民が生きがいを持って楽しく暮らすこととか地域のにぎわいとか、そういうことも含めて「地域活性化」なんだよと言う人もいるでしょう。

そういうとこね、ほんと誤魔化さないで欲しいのです。

「内なる興奮」なんて誰にも分からないですよね。

なんで外からこの人は生きがいを持って暮らしてるとか、このイベントは盛り上がってるとかが分かるの。

いや生きがいを持って暮らしてるのもイベントが盛り上がってるのもパッと見で分かるかもしれないけど、逆に生きがいを持ってないとか、盛り上がってないとかってことは判断できないじゃないですか。

単純に笑顔なら生活が楽しい訳でもなく、大きな声が聞こえるから盛り上がってるという訳でもない。

結局判断できるのは「社会的な価値」でしょう。

生きがいで言ったらコミュニティ内での役割とか仕事とか、イベントで言ったら来場者数とか、完全に経済だけとは言わないまでも目に見える指標で測られていることに違いはないので、ここでも内と外の混同がある。

「社会の役に立つって素晴らしいことですよね、ね」って言う強要があるとすら考えてしまう。

内向きのまちづくり、外向きのまちおこし

インドア派のまちづくり

でもちょっと書いたのだけど、僕は自分のまちに人を招き入れるとき、友達を自宅に招き入れるような気持で「ようこそ」って言いたい。

だって「自分の」町なんだもん。もちろん町は公共?のものであることは分かってるけど、みんな自分の町は自分の町だと思ってるでしょう?

だから、もちろん遊びに来てくれる人には心地よい空間を作ってあげたいし、面白いこととかくつろぎとか、ちょっとした飲み物とかそういうのをあげたいと思う。

これは内側に動機がある状態です。自分の満足のためのあれこれです。

対して外側に動機があると、遊びに来る方はお客様になってしまうのではないか。

僕らはおーよく来たね、ゆっくりしてってよって自分の家に招き入れるというより、ようこそおいでくださいました、どうぞごゆっくりお寛ぎくださいませというサービスになってしまうのでは?

この町を気に入ってくれるのなら誰でもウェルカムだし、来てくれた人をどうもてなすかとか、それは動機がどこにあろうとやることはほぼ同じなんだけど、お客様を相手にしたとき、既に自分の町は自分の町じゃなくなる。お客様のものでしょう。

「自分の町」が大切なら、まちおこしじゃなくてまちづくりをするべきだと僕は思う。

「町おこし」と「まちづくり」の違い(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. 樋口 より:

    町おこし。この言葉は
    「町を他の人たちにも知ってもらう。」
    という意味で使われる事が多いと思う。

    もし誰かを呼びたいなら、まずは町をつくる必要がある。最低限の「町づくり」。
    本来はこれこそが、町「興し」ではないか。

    その上で町の中に、よそ者にとっても「居場所」になる場所や行事があれば、外から人が来ることもできる。

    • kzy より:

      コメントありがとうございます。

      「町興し」から「町お越し」へ。

      順番が逆になって、どうにか町に人を!というところだけ考えてしまうと、肝心の「町興し」が疎かになるかもしれませんよね。