今日は誰かの最低な一日

文章にならない文章を書きそうな予感がすごくしてるのだけど、病気か何かだと思って大目に見てほしい。

つい3日ほど前に「今日は誰かの最低な一日だ!」という事実に気付いて、それから、「今日は誰かの最低な一日なのだ」ということについて反芻しながら暮らしている。

僕にとってたいていの日付は後から何があったかも思いだすことができない一日なのだけど、そんな僕のなんの印象もない一日も、誰かは最低な一日として記憶していたりするんだろう。

同じように最高な一日として記憶したり、最高な一日になることを朝から何となく知っていて、この貴重な時間を大切に使おうと誓ったりすることもあると思う。

だけど僕にとって今日も今日とて安定して平凡なのはどうしてだろう。

ある人にとっては、今日さえなかったことにできればと強く願うこともあれば、今日のこの日が記念すべき一日になったり、生涯忘れがたい一日になったりするのに、僕の一日はあってもなくても構わなそうな雰囲気をしているのはどうしてなのでしょう。

こころから疑問に思ってるわけじゃないです、僕と他の誰かは違うのだから、僕の一日と誰かの一日が違うのは当たり前なのは分かってるし、僕にだってたまに最低な一日があって、稀に最高の一日がある。

だけど今日がそうじゃない理由が分からない。僕の今日が平凡なのに、他の誰かにとっては当たり前にそうじゃない。それが当たり前なのがどうしてなのか分からなくなるということがある。

意識ひとつで変わるものなのでしょうか。

だって今日は誰かにとって確実に良いことが一つもない最低な一日な世界で、またある誰かにとってはパーフェクトな一日な世界で、その間にいる僕はどちらに思いを馳せるのかを選べば、沈むことも、浮かぶこともできるのでしょうか。

だから何となく、僕は不意に「今日は誰かの最低な一日なのだ」と気づいて、落ち込んだりしたのか、と言えば、少し落ち込んだ。

うあー誰か分からないけど、今日が早く終われば良いね!って強く思った。早く帰って寝たり食ったりできたら良いね!

友達でも何でもないけど、最低な一日を過ごしている誰かに、僕の一日は平凡だぞ、今日どこかで災害があったとか、誰かが死んだとか、大きな失敗をしたとか、そういうの全部関係ないところにいて、それが最低だということは分かるのに僕の一日は全然普通だぞってことを伝えたくなったりした。

それで気休めになるとは思わないけど、頑張ろうと頑張るまいと今日のあなたにとって最低な一日はとにかく理由もなく最低なのだ。やり過ごすしかないのだ。

今日が早く過ぎてくれますように、僕の一日は別に最高でも最悪でもないので、どうせ後から考えてもろくに記憶に残っていない今日なので、全然あっという間に過ぎてしまって構わないので、今日は最悪だって思っている人の今日が、一刻も早く終わってくれますように。

今週はなぜかそんな気分だった。

今日は誰かの最低な一日(完)

スポンサーリンク
スポンサードリンク