町がある、何ができる?/創造性を引き出す装置について

まちづくりを考える

創造社会論の講義ビデオを見ています。

15年度前期の第一回目から面白い。

そこで面白いと思った話しを書いて伝えることが僕の目的であり、まちづくりに絡めて考えていきます。

創造社会論の授業に、田中浩也さんという方がゲストとしてお話しされていたので、それで思ったことを少し。

スポンサーリンク

田中浩也氏ってどんな人?

田中浩也さんの著書に以下のようなものがあります。

SFを実現する 3Dプリンタの想像力

このSFには二つの意味があるらしく、一つは普通にサイエンス・フィクション。

もう一つはソーシャル・ファブリケーション(social‐fabrication)の意味で、まあ、みんなで作るという意味。

人と人が繋がって、何かを作る時代になってきています。

田中さんは工学博士であり、創造社会の実現・充実において大きな役割を担うだろうファブラボジャパンの発起人。

ファブラボって何かって言うと、以下によくまとめられていたので、リンクを張っておきます。

Fablab(ファブラボ)を知るための記事まとめ

リンクに寄らない人のためにざっくり説明すると、ファブラボとは「ほぼあらゆるもの」を自分(たち)の手で作ろうという活動の場、実践の場、つまり創造の場であり、例えば3Dプリンタをはじめとする様々な工作機械が設置されているのだそうです。

で、著書の副題にもなっています「3Dプリンタの想像力」っていうことに関して、田中さんが創造社会論でお話されていた内容が面白かったので色々考えてみたいと思います。

何ができるかは本人次第って部分が優秀な装置・道具の可能性です

田中さんを困らせる質問に、「3Dプリンタがあると何ができるの?」というものがあるそうです。

こういう質問は本当に多いんだけど、田中さんはいつもそう投げかけられると困ってしまうと。

「それはあなたが考えることです」と言いたくなるのだそうです。

「つくりたいのはまだ名前のないものなんだけど…」って困ってしまうと仰います。

3Dプリンタって今まででの普通のプリンタと違って、3Dで印刷できる訳です。物体が作れる。

それが画期的で、何が作れる?何に使える?というような目的意識で制限しないで、その可能性に思考を巡らせるべきだということでしょう。

頭の中で考えてたことを3Dで再現できる、という装置、設定一つで、それこそ次元が一つ増える分だけの発想の拡がりがあるはず。

既にあるモノの中から何を作ろうかって考えるのは創造的とは言えないし、宝の持ち腐れですよね。

田中さんも講義の中でワープロとかピアノを例に出していたけど、僕は「そうだよなあ、ここに絵具があるけど、これで何が描けるんですか?」って聞かないもんなあって思いました。

次元が増えるということは、可能性が何倍にも広がるということだ

二次元が三次元になるだけで出来ることは飛躍的に増える。

僕らが暮らしている現実の町はそもそも3次元で、過去を懐かしがったり未来に理想を描くとき、もしかしたら4次元の装置であるような場所なんじゃないか、と思いました。

過去と未来を考えながら、今目の前にどんなものがあったら良いだろう?って考える場所。

何かを創り出せるって、可能性が意味分かんないくらいに広がっていて、何を創るってまだ名前なんかついてなくて、何ができるのかなんてのは自分達次第である。

3Dプリンタと同じように、「町」も創造的な装置であるはずです。

「町がある、何ができる?」

そう問われたときに、町という素材を前にして何を考えるか。

創造的でいられるかどうか。

以下の記事とも少しリンクする内容です。旧佐藤医院というコミュニティスペースが僕のまちにはあるのですが、ここでまちづくりの小さなシュミレーションが出来るのではないか、ということが書いてあります。

10000分の1スケールのまちづくり

10000分の1スケールのまちづくり
今回の記事テーマは 「コミュニティスペースは10000分の1スケールの町づくり実験装置」 なのだと僕は思っている、ということです。

町がある、何ができる?/創造性を引き出す装置について(完)

コメント

タイトルとURLをコピーしました