お金の疑問に関する

お金の疑問に関する

偏愛は通貨になる

愛は通貨になる、という記事を書いたのですが、正確には「偏愛は通貨になる」だと思いました。 「愛は通貨になる」と言ってしまうと、人の善性や正しさと言った、社会的に価値のあるものを超えられないんじゃないか。 そういう気持ち悪さが、愛は通貨に...
お金の疑問に関する

愛は通貨になる。

もう全然2月じゃないけど、2月は「お金と幸せ」をテーマに読書をして、その感想や思ったことで記事を書くという予定でした。 2月は全然更新できなかったので、3月も引き続き「お金と幸せ」はテーマにしていきたいと思います。 さて、遅ればせながら...
お金の疑問に関する

30年前の、お金の未来に関する対話/『三つの鏡』ミヒャエルエンデとの対話』を読んで

『三つの鏡―ミヒャエル・エンデとの対話』の出版年は1989年、僕が生まれた次の年。つまり30年ほど前。 この頃から、「今のお金」に対する危機感というか、便利を超えてなんだか人生を支配しすぎている感みたいなものを感じている人がいたという...
お金の疑問に関する

仮想通貨について分かりたい

前回の記事で突発的に仮想通貨の話を書きました。まちづくりと僕らの未来の話であります。 地域と仮想通貨と僕らの選択可能な未来について やったら長いです。しかも僕は仮想通貨についてまったく分からないので、前提に基本的な知識もないまま仮想通貨...
お金の疑問に関する

与えられる価値はたかが知れているという感覚

このブログのテーマの一つとして、「創造」とか「創作活動」があり、かつて「創造社会論」っていう大学の講義をもとに記事を書いたこともあります。 こういうやつ。なんかややこしいから読むことないけど興味ある方は覗いてみてください。 聞く人の創造性...
お金の疑問に関する

仕事(経済活動)って趣味じゃないか論。交換の距離感。

「働く」を「誰かのために何かをすること」と「経済活動」にはっきり分ける。普段はこのふたつの意味が重なってるからややこしいけど、「働く」を試験管に入れて、よく振って、分離させてみれば、誰かのために動くことをいちいちお金で清算する必要はないし、...
お金の疑問に関する

「お金」と「言葉」の共通点

僕は普段、文章を書いてお金を貰っているから「お金」と「言葉」を同列に扱うという考え方に一定の親しみというか、信頼のようなものを持っているんだけど、改めて本当にこの二つはよく似ているなと思ったのでメモがてら記事にしておきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました