好きな作品と雑談

好きな作品と雑談

父を知らない男が『カラマーゾフの兄弟』を読んで考える父親と愛のコンプレックス

「愛」について考えます。 とは言えそんな大きなことを考えるのは骨が折れるので、「父親としての愛情」について考えます。 きっかけは自分の子どもが産まれたからです。 しかし僕には父親の記憶がまったくありません。父親に愛情を向...
好きな作品と雑談

山田奈緒子がトリックそのもの?山田はかわいいし謎を解くのに、不遇な扱いを受け続けるのはなぜか。

昔からドラマの「トリック TRICK」が好きだったのですが、プライムビデオでドラマ版から劇場版まで全部配信されているのでここのところマイブームになってます。 今まで何とも思わず見てたけど、素朴な疑問として「なんで山田ってこんな扱い悪いのかな...
好きな作品と雑談

町田康『告白』「すんませんでした。全部嘘でした」

町田康の『告白』とわざわざ作者の名前を頭にかぶせなければ湊かなえの『告白』を思い浮かべる人が多そうなのが悔しい。 告白と言えば僕の中では町田康の『告白』。 正直何を以て「告白」なのかよく分からないんだけど、きっと「すんまんせんでした。全部嘘...
スポンサーリンク
好きな作品と雑談

小林賢太郎の作品でよく出てくる「向いててぇ」というセリフが好きな話

ラーメンズのファンで昔からよくコントやお芝居などを観ている。 ほとんどの作品を見ているので、あ、このセリフあのコントでも言ってたな、みたいなものも出てくる。 その一つが「向いててぇ」というセリフ。 よく出てくるとタイトル...
好きな作品と雑談

夏目漱石『吾輩は猫である』はなぜ面白い小説になったのか

『吾輩は猫である』は、果たして面白い小説なのか。 真っ向からそう問われると返事に窮してしまいます。 確かに、猫の視点による、猫の語りという趣向そのものがユーモラスで、面白いには面白い。 「吾輩は猫である、まだ名はない」という冒頭も非常にイン...
好きな作品と雑談

北海道弁の「押ささる」と責任転嫁と自己弁護マインド

北海道弁というのはあまり標準語と変わらず、単語レベルで独特なものがちょっとある程度と認識しています。 とは言え土地が広いですから、地域によっては訛りが強かったりもします。 だから一口に北海道弁を語ることはできないしあまり知識もないのですが、...
好きな作品と雑談

親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。『坊ちゃん』の冒頭はなぜ印象に残りやすいのか。

夏目漱石『坊ちゃん』の冒頭。 「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。」 リズムが良くて覚えやすく、夏目漱石の作品の中でもとりわけ知名度が高いものなのではないかと思います。 坊ちゃんは坊ちゃんによる一人称で語られ...
好きな作品と雑談

面白い小説とはどんなものかを手短に考えた上でおすすめの小説を15冊紹介する

「小説とは何か?」を具体的に考えるための25の質問 6問目。 面白い小説とはどんなものかの回答です。 面白い小説ってなんだろう?とちょっとだけ考えた上で、面白いと思う小説を15冊ご紹介したい。 趣味が合う人がいたら良いな! 小説の面...
好きな作品と雑談

青空文庫はアプリを入れておくと良いよ。文字の色が変更できて最高だから。

青空文庫で小説を読むときって、目当ての小説のタイトルをブラウザのサーチエンジンに打ち込んで、青空文庫で公開されてたらホームページから読むという人が多いと思います。 わざわざアプリを入れる必要性を感じてない人がほとんどじゃないでしょうか。 ...
好きな作品と雑談

読書で首が疲れる!頭痛も辛い!そんな読書家のための怠け者メガネ。

読書する時間はあっても読書を続ける体力がないです。 体力というより、本を読むとまず首が疲れる→肩がこる→肩から首、頭にかけてこる→目がしょぼしょぼする→頭が痛くなるのサイクル。本当に悩ましくて憎たらしいものです。 いっそ身体を捨...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました