朝日町のこと

ゲストハウス

僕が一緒に時間を過ごしたい人のための民泊を目指してる、と言う勇気がなかった。

  民泊の運営で悩んでいたところ、以下の記事を読み勇気をもらいました。 「Booking.com」での予約受付を止めたという決断、そしてその考え方に関して強く触発されたところがありました。 一種の勇気を得て、便乗するようで...
ゲストハウス

創作合宿のための民泊「随‐まにま‐」について

道北に位置します、士別市朝日町というところで民泊を営んでいます。 夫婦で住む一軒家へ招くことになるので、しばし同居、というスタイルになります。 冬季が厳寒ということもあり、バスルームなどの利用で苦痛を強いてしまう恐れがあるため、5月~1...
旧佐藤医院

【コミュニティスペース 旧佐藤医院】来る度にちょっと違う、を繰り返していこう

今年度のコミュニティスペース「旧佐藤医院」は、カメラを持参し写真を撮りに来てくれる人が多かった印象です。 建物の内外に興味を持ち写真を撮りたいと思ってくれた人も、旧佐藤医院を利用してポートレイトを獲りたいと思ってくれた人も来てくれました。 ...
スポンサーリンク
旧佐藤医院

旧佐藤医院と内面の充実

僕のまちにあるコミュニティスペース「旧佐藤医院」の運営方針の一つに、「価値を提供する場所というよりも、それぞれが価値を生み出せる場所を作る」というものがあります。 言うが易し行うは難しと言ったところです。実際「そんなこと言われたって」と身...
旧佐藤医院

【旧佐藤医院】少しずつ変わっていくコミュニティスペース

北海道士別市朝日町というところで、コミュニティスペース「旧佐藤医院」を運営しています。 基本的な方針は貫いたまま淡々と自分たちのペースで運営していますが、次第に変化していくことがあります。 こうして運営者自身が発信していることもありますし...
旧佐藤医院

コミュニティスペースの使い方を自分で考えてもらいたいワケ

我が町のコミュニティスペース「旧佐藤医院」で殊更に「使い方は利用者に託されている」「自由に使ってください」と言っている意味を改めて書いておきたいです。 何度か書いていることではあるのですが、この点に絞って書いたかどうか分からないし、書いた...
旧佐藤医院

コミュニティスペースの使い方を自分からスタンダードにしない

小さな規模の世界観を守るという意思や工夫 という記事を昨夜書きました。 ざっくり何が言いたかったかというと、「サイズ感も含めて世界観」だと思うから、何かを発信したり表現したりするとき、とにかく広く、とにかくメジャーにと規模を広げたいところ...
旧佐藤医院

コージーミステリー×コミュニティスペース「旧佐藤医院」

コージーミステリーというジャンルをご存知ですか。 コージー(cozy)=居心地が良いという意味を冠したミステリーの一ジャンルで、緩めの、日常に溶け込んだミステリーって感じです。 ミステリーの王道と言えば探偵とか刑事とかがバリバリ事件を解決...
ゲストハウス

一部を排除するような料金設定と際立ったスタイルの正誤について

民泊をはじめて、来てくれた方に有料でお部屋を貸すことにしたのだけど、一泊一人6000円という基本設定にしています。 ただし、創作のため、研究のために部屋を利用する場合、一週間で15,000円のような応援価格で承ります。 それは僕のまちづ...
ゲストハウス

民泊をはじめるにあたって、家の名前を考えました/「随」

民泊を始めるにあたって、名前を考えました。 民泊ではそもそもそれほど名前は必要ないんじゃないかなという気持ちもありますが、やはり便宜上必要でしょう。 つかだ家の民泊をする上での名前は「随」 名前は「随 ‐まにま‐」 「随」と書いて「...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました