自分で考える創作論

自分で考える創作論

アイディアを捨てるのはクリエイティブを目指す毎日の課題みたいなもん

自分への戒めで書くけれど。 思いついたアイディアを大事にしちゃいけない。 なぜかと言うと、アイディアを大事にすると出し渋るようになるから。 もっとよく練ろうとか、もっと熟成させようとか考えちゃう。 簡単に言えばこれは良いアイディアだからと...
自分で考える創作論

動画の時代だからこそ、文章じゃなきゃダメなことが知りたいんだ

2020年現在、完全に動画の時代であることは間違いないと思います。 あらゆる情報が動画に集約されていっている感がある。 僕も今年はyoutubeチャンネルを作る年にするぞって意気込んでて、自分で動画コンテンツを作ったり、いろいろな人の動画...
自分で考える創作論

一日50回、人間に見られる。控え目なコンテンツの目標値を持つメリット。

僕がブログを書き始めた5年前?くらいの話なので今ではあまり当てはまらないかもしれないけれど、一日50回見られるコンテンツを作るのがとりあえずの目標値だと思っています。 50回?しょぼ……、って思われるかもしれません。 それは今やyoutu...
スポンサーリンク
自分で考える創作論

「いま楽にしてやる」と思いながらコンテンツを作ろう

「いま楽にしてやる」の視点が圧倒的に足りないのだよな僕は。 コンテンツは、文章にしろ動画にしろ、その他の何かにしろ、「いま楽にしてやる」の感覚が絶対に必要だ。 「楽(らく)」と「楽しい」に使う漢字が同じことをよく考えなきゃならん。 人間誰...
自分で考える創作論

動画撮影でアングルに迷う/アングル(視線)に名前を付けとくと便利

動画撮影をしていると、どういったアングルで撮れば良いのかなーと悩むことがあります。 ありますっていうか、ほとんど毎カット悩んでしまい、大変な時間がかかるものです。 これは要領が悪いな、もっと決断が楽にできないかなと考えた結果、アングル(視...
自分で考える創作論

自分の作りたいものを作るVS人が求めるものを作る

「自分の作りたいものを作るVS人が求めるものを作る」はクリエイターにとって永遠のテーマの一つではないでしょうか。 「自分の作りたいものが世の中の需要にマッチする」もしくは「世の中の人が求めているものがたまたま自分の作るものだった」のいずれ...
自分で考える創作論

youtubeに関する試行錯誤/細かく実験してたくさん試す

以下は僕のyoutubeチャンネルのホーム画面です。 折原という架空の小説家を主人公にして動画を作成していくという趣向です。 ちょっと小さくて見にくいかもしれないけど、見てほしいのは各動画の再生数です。 一番左にある動画が、「断章取義」...
自分で考える創作論

粘り強さとは「1から考え直す」を何回できるか

粘り強さとは、何回「1から考え直す」ができるかだと思います。 たいていの場合、考え直すことをあきらめてしまう。 途中でこれはダメかもしれないと思っても、1から考え直すということをしない。薄々ダメだとわかっていても突き進んで、後から「でもや...
自分で考える創作論

youtubeで小説家を手作りします

youtubeと小説を組み合わせられないかって考え続けてきたんだけど、youtubeでまず小説家を手作りすることにしました。 ステップ①で小説家を作る、ステップ②でその小説家に小説を書かせる。 入れ子構造になります。小説家の存在がまず嘘。...
自分で考える創作論

人に何かを教えるためにはその人の10倍の理解が必要だと言う。ならば小説の向こうには本の10倍に達する厚い知識があるに違いない。

よく、人に何かを教えるためには、教える相手よりも10倍そのことが分かってないといけないとかいうと思います。 本当によく言われんのかわからないし10倍だったか100倍だったかもわからないけど確かにその人に1伝えるために1を知っているのでは不...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました