自分で考える創作論

自分で考える創作論

動画撮影でアングルに迷う/アングル(視線)に名前を付けとくと便利

動画撮影をしていると、どういったアングルで撮れば良いのかなーと悩むことがあります。 ありますっていうか、ほとんど毎カット悩んでしまい、大変な時間がかかるものです。 これは要領が悪いな、もっと決断が楽にできないかなと考えた結果、アングル(視...
自分で考える創作論

自分の作りたいものを作るVS人が求めるものを作る

「自分の作りたいものを作るVS人が求めるものを作る」はクリエイターにとって永遠のテーマの一つではないでしょうか。 「自分の作りたいものが世の中の需要にマッチする」もしくは「世の中の人が求めているものがたまたま自分の作るものだった」のいずれ...
自分で考える創作論

youtubeに関する試行錯誤/細かく実験してたくさん試す

以下は僕のyoutubeチャンネルのホーム画面です。 折原という架空の小説家を主人公にして動画を作成していくという趣向です。 ちょっと小さくて見にくいかもしれないけど、見てほしいのは各動画の再生数です。 一番左にある動画が、「断章取義」...
スポンサーリンク
自分で考える創作論

粘り強さとは「1から考え直す」を何回できるか

粘り強さとは、何回「1から考え直す」ができるかだと思います。 たいていの場合、考え直すことをあきらめてしまう。 途中でこれはダメかもしれないと思っても、1から考え直すということをしない。薄々ダメだとわかっていても突き進んで、後から「でもや...
自分で考える創作論

youtubeで小説家を手作りします

youtubeと小説を組み合わせられないかって考え続けてきたんだけど、youtubeでまず小説家を手作りすることにしました。 ステップ①で小説家を作る、ステップ②でその小説家に小説を書かせる。 入れ子構造になります。小説家の存在がまず嘘。...
自分で考える創作論

人に何かを教えるためにはその人の10倍の理解が必要だと言う。ならば小説の向こうには本の10倍に達する厚い知識があるに違いない。

よく、人に何かを教えるためには、教える相手よりも10倍そのことが分かってないといけないとかいうと思います。 本当によく言われんのかわからないし10倍だったか100倍だったかもわからないけど確かにその人に1伝えるために1を知っているのでは不...
自分で考える創作論

小説を書くならアイディアを上手に捨てるスキルが必要だ

捨てるために書く。 捨てるために書く。 小説を書くとき、アイディアは掃いて捨てるほどなくちゃならない。 もちろん小説に限らないかもしれないけれど。 料理だったら食材を無駄にしちゃいけない。いけないというかモラル的に引っかかる。食材は使い切...
自分で考える創作論

youtubeなど動画コンテンツを活用する小説家はプロアマ問わず増える。その中でどんな動画を作り、どうオリジナリティを保つか

あらゆる分野の人々がyoutubeに参入しています。 小説家もyoutubeを使うようになるはずです。アマチュアこそyoutubeの活用を深く考えているかもしれません。 プロの小説家の中にも既にyoutubeを利用している人はいるようです...
自分で考える創作論

誰かがやったら悔しいことは何だろう?と考えることがある

自分の目標を達成するに当たって、何をすれば良いか分からなくなってしまうとき、「誰かが先にやって悔しいと思うことはなんだろう?」という視点で考えることがあります。 これは小林賢太郎プロデュース公演『TAKEOFF』というお芝居において、ある...
自分で考える創作論

創作意欲が湧くのを待つあいだ、僕たちがやっておくべきこと

意欲とは言うけれど結局欲なんだと思います。 食欲とか睡眠欲みたいにどうしても満たさなきゃ生きていけないってわけじゃないけど、創作意欲は紛れもなく欲。 性欲に近いかもしれない。満たさなくても自分の人生に影響はないが、健全に満たさなければ人類...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました