表現力の向上を目指して

表現力の向上を目指して

本を読みながら文字のことを考えると少し気持ち悪くなる

  うちの子は今だいたい生後7か月くらいなんだけど、なんせ文字が読めないんですよね。 よく考えたらこの子まだ一文字も理解できないんだな、と考えるとなんか面白くて、今この子文字のことどう思ってるんだろう?って思うことがあります。 文字で世の...
表現力の向上を目指して

分かりやすい文章より、分かった気になる文章の方に魅力を感じる。

WEB時代の文章において、分かりやすい文章というのは絶対的な正義であります。 基本的に読まれないことが前提に書かれるWEB上の文章は、とにかく読者が知りたい情報に簡単にアクセスできるように設計されるべき。 結論を冒頭に書くこと。トピックは一...
表現力の向上を目指して

小説が世界に必要ではなく、人を救う力もないとして、それでも小説を書く理由は?

小説とは何か?を考えるための25の質問の10問目 小説が世界に必要ではなく、人を救う力もないとして、それでも小説を書く理由は? の回答です。 この質問はよく分からないですね。 自分で考えたんだけど笑 小説がまったく有用ではなく、必要でもな...
スポンサーリンク
表現力の向上を目指して

コミュニケーションに対する苦手意識や恐怖心が今なら言葉にできそうな気がする

僕はわりとおしゃべりな方で、しかも話を聞くのもけっこう得意な方だと自負しているものだから、実はコミュニケーションが苦手という訳ではないのかもしれない。 だけどいつもいつもコミュニケーションには苦手意識を抱えていて、誰かとコミュニケーションを...
表現力の向上を目指して

悪夢を見る方法

小説を書いたりしていると悪夢が見たくなるのは僕だけじゃないはずだ。 スティーヴンスンが『ジーキル博士とハイド氏』を書いた経緯について、小沼孝志氏の解説で以下のようなエピソードが書いてありました。 ある夜のこと、睡眠中に恐怖の叫びをあげる夫...
表現力の向上を目指して

「役に立つ記事」の概念が高度になっている気がする!

ブログの書き方の基本は「役に立つ記事」を書くことだ。 もちろん好きに書いて良いし日記調でも良いのだけど、公開するからには多くの人に読んでもらいたいはずだし、自分が書いた記事で誰かに感謝されるのは良いものだ。 ブログに求められるのは悩みや問題...
表現力の向上を目指して

youtube×短編小説(ショートショート)に読まれる可能性はあるのか?

ふと思いついて、youtube×短編小説(ショートショート)ってことで試しに投稿をはじめてみました。 最近学んだのですよ僕は。なんでもやってみなきゃ分からないって。 目的はいくつか挙げられます。 まず、noteでは1万字...
表現力の向上を目指して

小説や映画のネタバレはいつも大歓迎な理由

見てないドラマや映画、読んでない小説について、中身や結末を教えてもらうことにまったく抵抗がありません。 何らかの作品の話になったとき、「ネタバレになるから結末は言わないけど」とか「これから見るかもしれないからあまり説明しないけど」って気を...
表現力の向上を目指して

人を褒める特殊の技術‐書評もしくは賛辞をおくる準備について

評論・批評とは/小林秀雄の評論はすべて『考えるヒント』だ という記事で、「批評とは人を褒める特殊の技術だ」と小林秀雄がある文章の中で書いてあると紹介したけれど、あとからジワジワ、それって良いな、という気持ちになってきた。 人を褒める...
表現力の向上を目指して

感動とは、関係性や繋がりの発見である。

文章を書く、創作をする、何かを作る人は、感動したいという感情と同じくらい「自分もこんな感動を作り出したい!」という欲があるのではないでしょうか。 感動ってなんだ。 実はそういう記事を以前にも書いてるのですが、図解して伝えるということを考...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました