小林賢太郎の作品でよく出てくる「向いててぇ」というセリフが好きな話

好きな作品と雑談

ラーメンズのファンで昔からよくコントやお芝居などを観ている。

ほとんどの作品を見ているので、あ、このセリフあのコントでも言ってたな、みたいなものも出てくる。

その一つが「向いててぇ」というセリフ。

よく出てくるとタイトルでは書いてしまったけれど、思い出せるのは二つだけ。

『Sweet7』というケーキ屋さんを舞台にしたお芝居と、maruという小林賢太郎ソロコントの中の『丸の人』という作品。

『Sweet7』では手先は器用でなんでも作れるけれどケーキだけは作れないパティシエに粉する片桐仁さんが。

『丸の人』では売れない芸術家に粉する小林賢太郎さんが「向いててぇ」というセリフを発します。

このセリフすごく好きなんですよね。

スポンサーリンク

向いててぇが分かる

「向いててぇ」ってセリフをはじめて聞いたとき、なんだか劇的に共感して笑ってしまいました。

「向いててぇ」ってセリフは僕以外にも印象に残ってる人は多いと思う。

当時中学か高校かくらいだったけれど、向いててぇ場面ってその時点でたくさんあった。

まず向いてたい。めっちゃ分かる。

向いてればあとは自分で努力して、自分で向上するから、せめて向いててぇ。

というか向いてるだけで良い。

向いてるっていうお墨付きがもらえさえすれば、多少失敗しても挫折しても間違っても、向いてるから大丈夫、これも乗り越えられる壁だって思える。

片思いの美学

例えば僕は小説を書くけれど、ただ書く、ということすらできないことがあります。

向いてないのかなあ、才能ないのかなあ、センスないのかなあ、って思って不安になってしまう。

向いてる人はそもそもこんな不安に駆られないんじゃないか。好きで好きでやらなきゃ落ち着かなくて、今日一文字も書かなかったなんてことはないんじゃないかって思って落ち込む。

「こういうの向いてないっていんだよ」って内なる誰かに言われたりして、「向いててぇ」って思う。

でも、「向いててぇ」って思ったらなんか『Sweet7』の片桐さんとか、『丸の人』の小林賢太郎さんを思い出す。

どちらも魅力的なキャラクター。

片思いの美学、みたいなものがある。向いててぇには。

コメント

タイトルとURLをコピーしました