ブログについて

キキコミタウン!の概要がざっくりわかるような記事

このブログは「まちづくり」とか「コミュニティ」とか「創造」を主なテーマにしてるのですが、これらのテーマの繋がりがやっぱり分かりにくいので自分なりにまとめます。 リンク祭りになりそう。興味あるやつだけ読んでくれると幸いです。
コミュニティ・メカニズム

全然注目されない小さなコミュニティで誰も知らない冒険をしよう。

人生は旅のようだというのは、それが出会いの連続であり、冒険に満ちていて、目的地があるからなのだと思います。 人生はゲームだと言われることがあるのもきっと同じような理由からでしょう。 ところで、ゲームの主人公たちってあんま誰にも注目されてない...
コミュニティ・メカニズム

僕らの暮らすウォーキング・デッドな社会で、心を守るために作りたい「コミュニティ」について。

ウォーキング・デッドから学ぶ「生きる手段としてのスモールコミュニティ論」 っていう記事がnoteにあったんですけど、これすっごい面白かったです。 というか、僕も最近ウォーキング・デッド見始めて、かつ「コミュニティ」ってワードが絡んでたの...
スポンサーリンク
まちづくりを考える

人気者じゃない町のまちづくり論/社会を捨て、まちに出よう

まちづくりには、「人気者になろうとする努力」みたいなものが必要だと思わされることがある。 「人気者になろうとする」という表現が当たらないのであれば、「認められる」とか「注目される」とかでもいいかも。 さらに言い方を変えれば、「スポットライト...
自分で考える創作論

あの攻略本で覚えたのは天野喜孝氏のイラストと「ランダム」という言葉の意味でした。

僕らにとって、新しい言葉を知るのはそんなに難しいことではありません。 ここで言う言葉っていうのは何も外国語って意味じゃなくて(外国語でも良いんだけど)知らない言葉や知らない単語ってこと。 知らない言葉に出会ったら、検索でもすれば良いし、...
好きな作品と雑談

10回は繰り返し読んだ中毒性のある短編小説

僕は短編小説が大好きだ。 繰り返し読む短編小説があります。 中毒になっているのです ちょっと落ち着きたいとき、頭や心をほぐしたいとき、何の気なしに、無意識に手が伸びてしまう、安定の一冊、いつの間にかのお気に入り、そういう短編小説がある...
共有したい情報

インドア派のまちづくり

よく「不幸自慢」とか「田舎自慢」とか言うように、「インドア自慢」をしてみようと思う。そんなこと話して何がそんなに嬉しいの?というような類の、決して自慢じゃないのにあたかも自慢話に聞こえてしまうあれ。僕がいかにインドア派なのかという話と、そん...
まちづくりを考える

極端な概念同士は限りなく同じ意味になる/まちづくりの哲学

「極端な概念同士は極端であればある程互いに似通っていく、というか限りなく同じ意味になっていく」という仮説からこの記事は始めます。 夏目漱石が至った境地「則天去私」は客観性を保ちフラットな思考をするための創作論 上記の記事では「則天去私」と...
コミュニティ・メカニズム

みんな「優しい」のはどうしてだろう。

本当の優しさって何ですかみたいな話になるとややこしいから議論は避けるけれど、少なくとも僕のこれまでの乏しい人生経験に照らし合わせてみれば、世の中には優しい人が多い。怒られたり睨まれたり嫌味を言われたり冷たくあしらわれたり嫌悪感を露わにされた...
文明と文化

古本市に人は群がるのに、なぜ図書館は人でいっぱいにならないのか。

この話は偏った観測に基づくものではあると思う。年明け札幌に出かけたときにちょっと考えたことで、ブログに書くほどのことではないのかもしれないけど(ブログに書くほどのことってなんだよ逆に)、何となくそのうち「考える種」になりそうなのでメモです。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました