文明と文化

モモを読む/現代の必読書『モモ』に学ぶ自分だけの時間の見つめ方

「お前に割く時間はない」と言われれば悲しい。 「お前との時間は無駄だ」と言われれば辛い。 ところが灰色の男たちに時間が奪われた世界では、みんな悪びれもせずこんなことを言います。 なぜそんなことになるのか。 あなたには『モモ』を読む時間はある...
文明と文化

あなたには『モモ』を読む時間はあるか/ミヒャエル・エンデと文化的なものの役割

剣淵の夜を経て以降、ずーっと文明と文化について考えてる。 ずーっとと言っても四六時中という訳ではないけれど、午後からは大体いつも文明と文化について考えてる。
発想と行動を記録する

僕らが帰りたくなる場所について/欲しいのは納得できる評価

猫はネズミを獲ってくれないと困るから、猫が枕元にネズミをくわえてきたら褒めてやらないといけない。 昔、祖母からそんな話を聞いたような気がします。 「一度うちの猫は蛇をくわえて来たことがあって、そのときはすごく叱ってしまったけど今考えたら...
スポンサーリンク
文明と文化

宇宙の拡がりと文明の拡がり/宇宙と頭の中は似てるという話。剣淵の夜、補足譚。

剣淵の夜①で、絵本の里剣淵の誕生秘話をお話してくれた高橋さんという方が仰っていた話の中で、不意に「宇宙」という言葉が出てきた部分がありました。 絵本の里を作るに至った経緯とか、絵本で町おこしをする意味みたいなことをお話してくれると思っ...
文明と文化

剣淵の夜②/多様な人々と田舎の夜の話し

剣淵町を訪れた学生さんは三人。 剣淵の夜①やその前の記事のようなことが頭にあった僕はこの三人の三様っぷりが面白かったです。 前回の剣淵の夜①では、文化と文明そして文化を創るということの重要さについて考えました。 今回は剣淵...
文明と文化

剣淵の夜①絵本の里けんぶち/文明と文化~文化を創るということ

ひょんなことで知り合ったある学生さんI君がこんなことをしてる方で →地域土着型サークル『いなかっぺ』 彼が剣淵や和寒にも興味があると聞きつけた僕は実際には全然ここらの人間ではないけれどもわりと朝日町からも近いって理由で「ここ地元だぜ...
文明と文化

「生きにくい世の中だ」とゴムの壁/剣淵の夜、前夜

下書きボックスに入れたまま、公開できずにいた記事があります。 それがこの記事なのですが、書き始めたときは自分でも何故この話題を書こうと思ったか分かりませんでした。 誰に伝えたいまちづくりか もっと人が動きやすくなれば良いのに、もっと世の...
共有したい情報

夢じゃ食っていけないって言われたらどうするか

夢があるのは結構だが、夢じゃ食っていけないんだ。 って言われたらどうする。 そうですよねーって納得するか、ソウデスヨネ―って聞き流すか。それとも夢じゃないんだって力説するか。 夢は叶わない 夢って言葉はやっぱりあんまり好きじゃないなっ...
まちづくりを考える

お節介焼きおばちゃんのお見合い的町おこし

前回の記事は「優越感」に関するものでした。これと町おこし・町づくりとなんの関係があるのだ、『鋼の錬金術師』の話しがしたかっただけなんじゃないか。確かに動機の8割は『鋼の錬金術師』の話しをするためのものだったのですが、このブログのテーマにまっ...
発想と行動を記録する

優越感なしでは人は幸せになれないのか/『鋼の錬金術師』が刺さる、何度も。

※201812/24 有益なコメントをいただきました。この記事で言いたいことは結局、「優越感なしでは人は幸せになれない」ということだろうか、それとも、「比較するから不幸を感じるのだから、優越感や劣等感を別のことに向けよう」ということを言いた...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました