ラーメンズの名前の由来がオシャレだった/枠を重ねると箱になる

好きな作品と雑談

トップランナーっていう番組でラーメンズの名前の由来を小林賢太郎さんが話していた記憶があります。

ラーメンズのラーメンはドイツ語の「rahmen」で、「枠」とか「額縁」という意味があるそうです。

「ラーメンズ」というコンビ名では、この「rahmen」の最後に複数形の「s」が付いてるわけですが、ドイツ語だと複数形の作り方が違う、んだったかな?で、造語になってしまっている。

しかし、こうして本来sを付けて複数形にするべきではないのに無理やりくっつけてまで「枠」を複数なんだと表現しているという点にこだわりがあると。

というのも、「枠」を何個も重ねていくとやがて「箱」になります。

舞台を主戦場とするラーメンズは「箱」との関わりが深いのだと小林賢太郎さんは語ります。

例えば劇場のことを「箱」と呼んだりすることがあるし、プロットを「箱書き」と呼ぶこともある、加えてラーメンズが舞台上で使用する小道具は「箱」だけだったりする。

こんな意味が「ラーメンズ」のコンビ名に込められてるんじゃないですか?って言ったファンの方がいるらしく、この由来がカッコ良かったから以降その通りに説明している。

そんなことを言っていました。実際は食べるラーメンのことだとか。

どっちが本当なのか本気で分からないですよね。本当にラーメン美味しいしラーメンズで良いかとかってつけてそうでもあるし、凝った、お洒落な由来を考えてもいそう。

真相は分かりませんが、ここのところ「枠」について考えていたので思い出したエピソードでした。

作品は、内容だけじゃなく「枠」が大事。超大事。

作品は、内容だけじゃなく「枠」が大事。超大事。
あらゆる作品の、内容が大事なことは間違いない。コンテンツイズキング。でも「枠」も大事。むしろ今は「枠」の方が大事と言っても良いかもしれない。「媒体」、「プラットフォーム」、「額縁」。考えてみると作品の枠には実に色々な名前がついています...
スポンサーリンク

ラーメンズに関する記事が地味に多いですこのブログ

中学生くらいからラーメンズのファンでコントや演劇作品は何度となく見てるのですが、だから地味にこのブログではラーメンズに関する記事も多いです。

せっかくなのでちょっとまとめてリンクを貼っておきます。

 

ラーメンズの傑作コント『採集』から「怖さ」を学ぶ

ラーメンズの傑作コント『採集』から「怖さ」を学ぶ
ラーメンズが好きなのですが、特にお気に入りのコントは『採集』かもしれません。かもしれません、と言うのは、コントと言いつつなんか噛めば噛むほど怖い話ですし、笑いたいときに見るもんじゃないからです。強いて言えば完成度の高さにニヤリとしたいとき...

 

小林賢太郎の作品でよく出てくる「向いててぇ」というセリフが好きな話

小林賢太郎の作品でよく出てくる「向いててぇ」というセリフが好きな話
ラーメンズのファンで昔からよくコントやお芝居などを観ている。ほとんどの作品を見ているので、あ、このセリフあのコントでも言ってたな、みたいなものも出てくる。その一つが「向いててぇ」というセリフ。よく出てくるとタイトル...

 

【ラーメンズ】小説家らしき存在「誰でも一生に一本くらいは面白い物語を書くことができるもんですねえ」

【ラーメンズ】小説家らしき存在「誰でも一生に一本くらいは面白い物語を書くことができるもんですねえ」
『小説家らしき存在』っていうラーメンズのコントが好き。この発想は面白いなーと初めて見たときから思ってたんだけど、最近、これって本当にやれるんじゃないかって思ってきた。ラーメンズの傑作コント『採集』に怖さを学ぶっていう記事も...

 

【ラーメンズ】舞台『tower』の芸術コントと不器用なコミュニケーションについて

【ラーメンズ】舞台『tower』の芸術コントと不器用なコミュニケーションについて
公式のyoutubeチャンネルでラーメンズのコントを見られるようになってからというもの、作業用BGM的にコントを流してたりするのですが、中でも『tower』という講演で行われているコントって「コミュニケーションの話」だよなあと思ったので、実...

 

井伏鱒二『山椒魚』とラーメンズのコントの共通点「哀れ、滑稽、諦念」

井伏鱒二『山椒魚』とラーメンズのコントの共通点「哀れ、滑稽、諦念」
井伏鱒二と言えば『山椒魚』をはじめに思い浮かべる方も多いのではないかと思う。山椒魚の冒頭も、ラストも、非常に印象的です。冒頭は「山椒魚は悲しんだ」彼は彼の棲家である岩屋から外へ出てみようとしたのであるが、頭が出口につかえて外に出...

コメント

タイトルとURLをコピーしました