【拡散希望】「スロウな旅」のご案内/道北をほっこりがっちり堪能する3日間

共有したい情報

北海道のくらし、人、モノのストーリーを伝え続けている雑誌「northern styleスロウ」が創刊15周年を記念してツアーを開催するようです。

日程は9月21日(土)~23日(月・祝)の2泊3日

なんで僕がスロウ主催のツアーを告知しているかというと、旧佐藤医院がツアー日程に組み込まれているからです!

短い時間ではありますが、この機会にぜひ旧佐藤医院を見てみたいという方とお会いできればと考えております。

以下が旧佐藤医院の外観。表側は洋風の建物になっています。

9月22日が旧佐藤医院でのティータイムですが、9月か……、まだ紅葉には早いかなあ、という頃でしょうか。ただ熱くもなく、寒くもなく、旧佐藤医院を堪能するには良い季節かと思います。

以下は奥の和室。表と裏で和洋折衷の建築となっています。これは紅葉真っ盛りの頃の写真ですね。きれいでしょ。

館内の見学とティータイムという予定なのですが、お茶菓子に上士別のたまご屋さん、ファームあるむの自家製ケーキがつきます。

ケーキは、定番のシフォンケーキでしょうか、それともロールケーキでしょうか。プリンもチーズケーキも食べたことがありますね。

僕は当日何のケーキが登場するかは知らないのですが、卵が美味い=ケーキが美味い、ということなので、いずれにせよ間違いないです。

以下はロールケーキとシフォンケーキ。

 

スポンサーリンク

スロウ編集者と共に道北を巡る魅力

雑誌スロウを読んだことがある方ならば、これまでいかにディープな北海道の人、モノ、場所を取材してきたかお分かりになると思います。

北海道各地を取材してきた編集者さんとともに、取材の裏話や各地で待ち受けるホスト?さんと交流しながら道北を巡る旅です。

普通個人で旅行をしてもなかなか踏み込めないところまで、スロウ編集者さんと一緒なら行けてしまうでしょう。

ドライブメイン!目的地は休憩所!になりがちな北海道旅行(とくに道北旅行って何やったら良いか分かんない)で、かなりディープで新鮮な旅が楽しめると思います。

道北もけっこう面白いかも、と思ってもらえるのではないでしょうか。

以下がツアーチラシ及び日程表になります。

 

申し込みは

『northern style スロウ』の世界へ 継ぎたいものを探す旅

から直接申し込んでいただくのが一番簡単でしょうか。ツアー内容もリンク先のページをご覧になった方がイメージが湧きやすいと思うのでぜひご一読ください。

ツアーには参加できないけど……という方も内容は一読の価値ありです。

道北って素敵なところがこんなにたくさんあったんだ!という発見になりますから、何かの機会に訪れてみてほしいですね。もちろん旧佐藤医院にも。

 

最終日朝のフォトツアーが特に羨ましい

ツアー最終日の朝、第一の目的地である旭川の太田写真場までの道のりでフォトツアーを行うようです。

僕もこういうブログの更新のため何となく写真は撮るのですが、なかなか本格的に勉強する機会がないもので、向上が遅い。

今回のスロウな旅では「northern style スロウ」を発行しているソーゴー印刷代表取締役社長及びスロウ専属カメラマンを務めていらっしゃる高原淳氏による写真ツアーがあるようです。

雑誌スロウに載っている写真を見たことはございますでしょうか。冒頭に掲載されている「記憶の中の風景」シリーズでは高原氏の美しい写真が堪能できます。

北海道の風景ってすこんと突き抜けていたりやたらビビッドな色合いだったりしてすげー、ってなるんだけど、写真に撮ってみると思ってたんと違う……ってなりますよね。

少しでも風景写真を撮る技が盗めるのなら、有意義な時間になると思います。

 

高原氏の写真及び文は

高原淳写真的業務日誌

などで見ることができるのでぜひチェックしてみてください。

 

風景写真を撮って撮影に対するボルテージを上げながら向かうのは旭川市にある太田写真場

 

モノクロ写真のことを銀塩写真と呼ぶことを僕は今まで知らなかったのですが、良いですね、銀塩写真という響きが。

モノクロ写真をフィルム撮影し現像するにはいくつもの工程があるようで、デジタルに慣れ親しんだ僕らではちょっと信じられない熱量でもって作り出される作品です。

こだわりのあるお仕事のこと、写真のことを堪能できる最終日、プロ・アマ問わず、写真に関心がある方にとって収穫の良い旅程になりそうです。

これは羨ましいですね。

10名様限定のツアーです!今まであまり気にかけていなかったけど道北旅も良いかな、と思う方はぜひお早目に!

日程表を見るとなかなかぎっしり詰まっていて、「スロウ」な旅になるのかなこれ、けっこう忙しいんじゃないかなって思いましたね第一印象で笑

次に思ったのは、道北ってこんなに見どころがあるんだな、と。

道北に住んでいながら(住んでいるから?)この辺りはなかなか旅の対象にならないというか、やっぱり「なーんもない」って印象なんですよね。どーせ旭山動物園以北はなんもないっすよ、みたいな拗ねた気持ちにもなります。

やっぱり南の方が文化が栄えてて楽しい感じがするし、自然を満喫したいなら絶対東へ向かうべき、って思いますからね。道北っていろいろな意味で弱いんですよ。

とは言え道北に住む身として、道北も頑張りたい、人が巡るようになってほしいという気持ちは強く、今回の道北ツアーを企画してくれたことは嬉しい。

また、旅程に旧佐藤医院が加われたことも非常に誇らしいことです。

9月の3連休の予定が決まってない方、あの雑誌スロウの編集者さんと道北旅!という贅沢をやってみたいライターやカメラマンの方、ぜひぜひご検討くださいませ。

『northern style スロウ』の世界へ 継ぎたいものを探す旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました