youtube×短編小説(ショートショート)に読まれる可能性はあるのか?

表現力の向上を目指して

ふと思いついて、youtube×短編小説(ショートショート)ってことで試しに投稿をはじめてみました。

目的はいくつか挙げられます。

まず、noteでは1万字を基本に投稿しているので短い投稿もできる場所にしたい。

10000字って長いかなと思うので保険で5000字のも投稿してみてる。

だから話を思いついたとしても、そのボリュームに届かないものはすべてボツになってるんですよね。

構想の段階でボリュームが足りないと思っても書いてみたら膨らむということもあるかもしれないし、書かないのもったいないなーって思ってたのです。

思いついたからには書きたいし。

スポンサーリンク

執筆風景を見せる、ということをしたかった

執筆風景を見せる、ということをしたかった。

youtubeの短編小説はすべて「旧佐藤医院」で執筆風景を撮影しています。

現状僕個人の書斎みたいになってるけど、コワーキングスペースとして知られるようになって、誰かと一緒に小説書けるようになったら良いなと思っています。

僕のまちまで来るのがけっこうしんどいですからね、なかなか大変だろうけど、ひっそり引きこもって、人目を気にせず執筆に打ち込める外部環境というのはなかなか魅力的なので誰かに届けと思いながらいろいろ更新してます。

というわけで執筆の様子はこんな感じですよ、というのを紹介しているわけです。

スポンサーリンク

youtubeで小説書いて読まれるのか?

まあ読まれないですよね普通に。

検索されるものでもなし、結局文字で読ませるので動画のうま味がほぼないし、まだ圧倒的に作品が足りないし、見られない要素しか見当たらない現状ですが、数が揃えばそれなりに壮観になるのではないかと思っています

2019年5月追記 とか言って早々に挫折しました笑 

2020年2月追記 youtubeで新たな試みを開始しました。youtubeのアルゴリズムを勉強して愚直に再生数を伸ばしていくことを目的としています。

先のチャンネルはずっと登録者1のままですが、以下のチャンネルは動画投稿14本で100人を達成。素材は一緒でも見せ方作り方で差が出るということですね。

コンセプトとしては「古民家×小説家」。

小説家を作ります。その小説家を通して小説を仕上げます。動画と小説を合わせて一つの作品という作り方です。

【モーニングルーティン】北海道の古民家でひきこもり執筆する小説家の悠長な朝のルーティン|morning routine
これはモーニングルーティン
【ナイトルーティン】古民家のひきこもり小説家と怪奇小説の夜/night routine
こっちはナイトルーティン

コメント

タイトルとURLをコピーしました