「多様性」は他人を認めるための言葉ではなく、「自分が間違っている可能性」を知るための言葉だと思う

「多様性」が叫ばれる時代、というか「多様性」という言葉を目にする機会が増えた昨今。

このブログでも「多様性」についてはいろいろと考えていて、それを認めたり守ったりすることは大事なことだなと感じています。

一応参考までに今まで「多様性」について書いた記事を並べておきます。

君は景色/世界観が違うということ

情熱と個性と蹄鉄屋

多様なものを多様なままにしておく工夫

多様性って自分の中にあるんじゃないか

「価値観の多様化」とか「個人化の時代」とか知ったようなこと言ってるけどさ…

そしてこの記事も「多様性」がテーマ。

でもここで書きたいのは、多様性って大事だよねっていう話とはちょっと違います。ここのところ何となく、多様性を受け入れるとか認めるとかいう言葉に違和感があって、その正体が何となく分かった気がするのでメモ的に書き留めておきます。

※この記事はできればコメントまで読んでいただけると伝わることが多いと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「多様性」という言葉が持つ、あらゆることを肯定する空気

多様性という言葉は、「尊重する、認める、受け入れる」というような言葉とセットで語られることが多いと思います。

世の中には色んな人がいて、色んな考え方の人がいるんだよ。みんなそれぞれ違っているけれど、それは個性であっていずれも尊重されるべきものなんだよ。みんな違ってみんな良い。みんなありのままの姿で生きていける社会が良いよね。

大袈裟に言えばこんな感じだと思う。

でも、やっぱり違和感があります。自分でもこのようなことを書くことはあったかもしれないけれど、なんか変。

それは、「多様性」という言葉がけっこうダイレクトに「肯定」の言葉だからだと思う。

多様性と言っとけば、あらゆることが「是」となる空気、「是」としなければならない空気が漂う。

みんな平等に正しいのではなく、みんな平等に間違ってる可能性がある

反対なのだと思う。

「多様性」という言葉は、「みんなあってるんだよ」ではなくて、「あらゆることが間違っている可能性がある」という戒めのニュアンスで使われてこそ意味を持つのではないか。

「自分と違う誰かがいても良い」ではなく、常に「自分は間違ってるのかもしれない」と考える余裕と慎重さを持つことこそが、「多様性を尊重する」ということだと思う。

つまり一寸先が分からないっていう同じ条件下において、僕らが抱えてるリスクはみんな一緒だよねっていうことを謙虚に理解するための言葉だと思う。

建前としての多様性

そういう風に考えないとおかしなことになると思う。多様性の名の元に、あらゆる存在が肯定されて、尊重されるべきだということになったら。

それがマイノリティな個性であればみんなで守らなければならないという設定になったら。

極端な話、僕の近くに「暴力衝動が抑えられなくて、気に入らないことがあると人を傷つけてでも我を通す人、欲しいものがあれば力づくで奪う人」が来ても受け入れなければならないかもしれません。

そういう人格も個性だし、多様な人間のうちの一種類だから、その存在を認め、肯定し、受け入れるべきなんだろうか。世の中にはこういう人もいるよねで納得しなければならない?

「どうしても働けない人」も個性だしその人が持つ特性だから認めるべき?

「酷い恋愛体質で誰とでも関係を持ってしまう人」は?

「邪教みたいなものを信仰している人」は?

どこからが極端で、どこまでが許容範囲なんだろう。

許容範囲内の違いならあっても良いんじゃない?って言うなら、結局のところ自分(もしくは社会)の許容内という画一的で限定的な価値観の中でしか多様性が語られないということになり、そこに人為的な選択がある以上、「多様性」なんてものはあってないような、建前としての言葉になる。

誰かに認めてもらいたい自分の正しさ

ここで、ちょっと特殊な例えになってしまうかもしれないけれど、昔受けた大学の講義を思い出したので書きます。

他にもどこかで書いた気がするけど、それはアイヌ民族の末裔がゲストとしてお話しをしてくれるという講義でした。

色々な差別を受けて来たようですし、偏見にも晒されたと言います。伝統的な食事や言葉について語ってくれました。その方は、ただ自分たちの存在を認めてほしかったと言います。自分たちのような民族が日本にいるということを知ってほしいのだと言います。

知ってる、と思いました。講義が始まる前から認知してる。教室にいた全員がです。だってそうじゃなきゃ「アイヌ民族の末裔の方が講義してくれる」という意味が通らないでしょう。アイヌ民族の末裔がいることは全員知ってたのです。

「言っていたのは差別は止めて欲しいけど区別はしてくれ」という意味だろうか?というようなレポートを書きました。違いを認めてほしいというのは、ただ知るだけではなく、積極的に尊重し、守るべき文化として扱ってほしいということだろうか。それは差別ではないのか。

自分の存在を誰かに認めてほしいと思うなんて、自分の正当性を受け入れて欲しいと思うなんておかしいなと思ったのは、もしかしたらこのときが始めてだったかもしれません。

自分のアイデンティティに正当性があると考えるのは良いけれど、だから他人にとっても正しいはずだと考えるのは少し乱暴だと思う。だってそれは他者を理解する努力に欠けているから。

自分は正しい存在だけど、誰かにとっては間違ってるかもしれないと考えるのが多様な社会で生きるということなんじゃないかな。

自分の正しさに執着しなければならないのは辛いよ

なんかふわふわとしていることを言っている気がするのであえて言い切ってまとめにするけれど、多様性という言葉は他者を肯定するためのものではなく、自分を否定するためにあるのだと思う。

世の中にはいろいろな人がいる。自分も特殊であり、誰かから見ると異常かもしれない。長い目で見れば今やっていることは間違っているかもしれない。

否定と言えば言葉が強いけれど、自分を疑うというチャンスが与えられるからこそ、多様性は大事なのだと僕は思う。

他人との違いを見て、知って、与えられるのは、自分を疑うという絶対に一人ではできないことに励むチャンス。

多様であるということは、たくさんの正しさがあるということでもあるけれど、その数だけ間違いがあるということでもあります。

多分正しいことなんて一人でもできる。一人ぼっちなら何をしても正しいと言っても良いかもしれない。

僕らが他者を必要とするのは、自分の間違いを理解しようとするときだと思う。

だから多様性というのは、自分の正当性を確保するためのものではなく、自分を疑うための言葉だと思う。

「多様性」は他人を認めるための言葉ではなく、「自分が間違っている可能性」を知るための言葉だと思う(完)

見せるタイプのメモ

だから何だという感じなので、具体的な話が必要。

単純に自分を疑わない人のことがあまり好きじゃないだけかもしれない。

まだ多様性が重要だという展開にはなっていない。

いくつかの話を組み合わせる必要がある。

ある面では正しいけれど、ある面では間違ってるかもしれないということに自覚的になった上で重要なのは、それでも自分が「そうあること」に納得する力。納得する力というのはつまり「ものがたり的」な思考、というリンク。

例えば「暴力的な人間のことを個性として受け入れるべきか」という問題をもう少し掘り下げたい。設定の話。

自分の正しさに執着しなければならないのは辛いという話。

ガラリと価値観が変わる場所がたくさんあるという希望。ところ変われば人変わる。という話。

多様性の話はまだ続く。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. A より:

    『多様性という言葉は他者を肯定するためのものではなく、自分を否定するためにあるのだと思う。』
    この文を読んで、ん?と一瞬違和感を感じました。
    なんですんなり意味が読み取れなかったのか、考えてみると、「多様性という言葉は他者を肯定するためのもの」だという前提が引っかかったからかなと。
    自分にとって多様性という言葉は、”自分を含めた様々な価値観”の存在を肯定するためのものであり、多様性が認められる社会はすなわち自分(を含めた全ての人)の存在が認められる可能性のある社会である(もちろん公序良俗や公共の福祉は考慮するとして)。
    もっと詳細に書くと、「多様性を尊重することは自分を含めた全ての価値観を尊重することであり、それをできるだけの想像力を持った人は自分の中に多面的な価値観を持ち合わせることができるので、視野が狭くならず自分の価値観についても客観的に否定する目を持てる」ということで、結局は『多様性という言葉は他者を肯定するためのものではなく、自分を否定するためにある』ということになりますが…

    『自分も特殊であり、誰かから見ると異常かもしれない。長い目で見れば今やっていることは間違っているかもしれない。』
    確かに、多様でない(王道の)価値観を持つ人にとって、多様性は(王道である)自分が相対的に『特殊』『異常』である、あるいは『間違っている』可能性を想像するきっかけになるかもしれません。
    他方、多様な(王道でない)価値観は、日常的に『特殊』『異常』である、あるいは『間違っている』と判断されがちですので、多様性を認めない社会においてこそ(王道でない)自分を『間違っているかもしれない』と自問するのではないでしょうか。
    王道でない価値観を持つ者にとって、多様性が認められる社会とは、必要以上に『誰かから見ると異常かもしれない』と思い詰めないでよい社会ではないでしょうか。

    『自分を疑うというチャンスが与えられるからこそ、多様性は大事』
    確かに、多様でない(王道の)価値観を持つ人にとって、多様性は(王道である)自分を疑うチャンスになるかもしれません。
    他方、多様な(王道でない)価値観は常に”常識”に疑問視されますので、多様性を認めない社会においてこそ(王道でない)自分を疑うことになるのではないでしょうか。
    王道でない価値観を持つ者にとって、多様性が認められる社会とは、これ以上疑われ続け、自分を疑い続けなくてもよい社会ではないでしょうか。

    『多様であるということは、たくさんの正しさがあるということでもあるけれど、その数だけ間違いがあるということでもあります。』
    価値観に正しさ(や間違い)を付与することは、多様性の尊重とは別の概念であると思います。
    多様であるということは単に”一様ではない”ということを意味するはずです。
    多様性を認めるということは、文字通りに読めば「”多様である”ということを認める」「一様であるということを固持しようとしない」「王道でないことのみを理由に排除しない」ということです。
    「多様な(王道でない)価値観を正しいものとして認めよ」という言葉ではないはずです。
    例えば、『僕の近くに「暴力衝動が抑えられなくて、気に入らないことがあると人を傷つけてでも我を通す人、欲しいものがあれば力づくで奪う人」が来』たとすると、「暴力衝動が抑えられない人は一般人とは違うから排除します」が”多様性を認めない社会”、「暴力衝動が抑えられない人もいるでしょう(が人を傷付ける行為は他者を侵害する行為なのでこれを行った場合処罰します)」が”多様であることを認める社会”、「暴力衝動が抑えられない人は一般人とは違って可哀想だから何をされても受け入れないと」が”多様な価値観を無条件に正しいものとして認める社会”という分類はいかがでしょう。

    『自分の存在を誰かに認めてほしいと思うなんて、自分の正当性を受け入れて欲しいと思うなんておかしいなと思った』
    『自分のアイデンティティに正当性があると考えるのは良いけれど、だから他人にとっても正しいはずだと考えるのは少し乱暴だと思う。だってそれは他者を理解する努力に欠けているから。』
    ここが最も違和感を持ったところです。
    恐らく本当に言いたいことは「多様だ(王道でない)ということをもって自分の価値観を”正だと”認めてもらおうとするのは自己中心的で、他者が持つ正誤について判断する自由を軽視している」ということかと推測します(的はずれだったらすみません)。
    しかし、『ただ自分たちの存在を認めてほしかった』という言葉の裏に「社会から”多様である(王道でない)”ことを理由に否定されてきた背景がある」と仮定するなら、それは「自分のアイデンティティが”正当であるということ”を社会の全ての人に認めてほしい」ではなく「多様な(王道でない)存在を”排除しないで”ほしい」という言葉に聞こえます。
    何にしても、この『認める』という言葉を、「正当だと判断する」ととるか「排除しない」ととるかの違いかと思います。
    『ただ自分たちの存在を”排除しないで”ほしかった』という人に対して『自分の存在を誰かに”排除しないで”ほしいと思うなんて、自分の正当性を”否定しないで”欲しいと思うなんておかしいなと思った』と読んでしまうと、相当に誤解される可能性の高い文章ではないでしょうか。
    「もしかしてこの人は、多様性(一様でないこと)が否定されることで社会に自分の存在を認められなかった(排除された)経験がないのか?王道にいたから、社会に自分の正当性が受け入れられなかった(否定された)経験がなくて、だから社会に認めて(排除しないで)ほしいという言葉をおかしいなと思ったのか?それともよっぽど自分に自信があって、自分の価値観をいくら否定されようとも自分一人いれば自分の正しさを信じられる人なのか?」とぐるぐる考えてしまいました。

    『自分は正しい存在だけど、誰かにとっては間違ってるかもしれないと考えるのが多様な社会で生きるということなんじゃないかな。』
    恐らく言いたいことは「多様である(王道でない)ということのみをもって正当化するのは違うんじゃないか、多様である(一様でない)ということを本当に理解していれば正誤も多様である(一様でない)ことを理解しているはずではないのか」ということなのかと推測します(的はずれだったらすみません)。
    しかし、そもそも「多様性を認める=王道でない価値観を正当化する」という使い方が誤用であり、本来は「多様である(一様でない)ことを排除しない」というのが多様な社会の意味なのだとすると、それに対して「間違ってるかもしれないでしょ」というとまたややこしく誤解を生むのではないでしょうか。
    例えばトランスジェンダーに対して、『自分は正しい存在だけど、誰かにとっては間違ってるかもしれないと考えるのが多様な社会で生きるということなんじゃないかな。』と言えるでしょうか。
    「”誰かにとって”どころか、”社会にとって(常識的に考えて)間違ってる”なんて、多様性に不寛容な社会でこそ散々言われることだし、多様性に寛容な社会になって初めてトランスジェンダーだってあなたたちと同じ程度に”正しい”存在だって言えるようになるっていうのに、何言ってんの?逆だよ逆」と反論されてもおかしくありません。
    確かに、多様性なんて認められなくても不自由なく生きていける(王道の)人々にとって、多様な社会で生きるということは『誰かにとっては間違ってるかもしれない』と考えるきっかけ程度のものかもしれませんが、一様でなければならないとされる社会で価値観を否定される(王道でない)人々にとって、多様な社会とは『自分は正しい存在だ』ということを否定されない、最低限の自己肯定感を養える社会です。
    と考えると、『自分は正しい存在だけど、誰かにとっては間違ってるかもしれないと考えるのが多様な社会で生きるということ』という文章からは、王道の傲慢さを凝縮したような違和感が浮かび上がります。自分たちにとっては自分が正しい存在だと言い切ることなんて当たり前だからそんな発想ができるんだな、びっくり、という感じです。
    多様な(一様でない)価値観を持つ人々が皆『自分は正しい存在だ』と自己肯定できればもうその時点で8割がた多様性を認める社会が実現されているのではないでしょうか。

    自分も[マイノリティに優しくしよう]という意味での[多様性を受け入れよう]という言葉にはちょっと待ってと言いたくなります。
    ここで意味する多様性には(王道である)自分は含まれていないように思えるからです。
    本来AもBもCも同じ”価値観”であるからして、多様性の多のうちのひとつであるのにも関わらず、それを無視して少数派のBやCだけ取り上げて多様性と言い放ち、無意識にAを別格化している例が散見されます。
    (例えば最近話題のLGBT、レズビアンやゲイについては学んでも、シスジェンダーやヘテロセクシャルについては学びませんよね)
    そう思いながら読んでいたら、『多様性という言葉は他者を肯定するためのものではなく、自分を否定するためにある』という、まるで多様性という言葉が無くても自分は否定されないかのような、多様性に不寛容な社会で排除されてきた者からすると違和感しかない文章が出てきたので、つらつらと考察してみた次第です。

    長くなってしまいましたが、結局は、
    (自分も書きながらまとまってきたのですが)
    『多様性を受け入れるとか認めるとかいう言葉に違和感』を持つ理由は、
    「多様性を認める」という言葉が文字通りの「”多様である(一様でない)”状態を認める」という意味を見失って「多様な(王道でない)価値観を”正しいものとして”認める」という意味として使われているからではないかと思った次第です。
    ここに「多様だからって正しいわけじゃないよね?間違ってるかもしれないよね?」という側面からアプローチすると、多様な(王道でない)価値観からは「そもそも王道でないってだけで散々間違ってるって言われてきてるんですけど?」と違和感を持たれるのではないでしょうか。

    • 塚田 和嗣 より:

      Aさん

      コメントありがとうございます。
      熟読いたしました。的を射たご返信ができるかどうか自信はありませんが、コメントくださった内容にできるだけお答えしたいと思います。

      まず、記事を書きながら僕自身も違和感を持っていたのは、そもそも「正しいとか間違ってる」で人格や価値観を分けることが違うよな」ということでした。Aさんが「価値観に正しさ(や間違い)を付与することは、多様性の尊重とは別の概念であると思います」と仰ってくれたので、その違和感をある程度固定することができました。

      また、「暴力衝動がある人~」の例による「多様性を認めない社会」「多様性を認める社会」「多様な価値観を無条件に正しいものとして認める社会」の分類も分かりやすく、すっきりいたしました。そして「的はずれだったらすみません」とお断り文を入れてくださっているところは、まったく的はずれではありません。僕の言葉足らずで、前提の共有不足(というか僕自身が前提に違和感を持って書いてる時点で難しい)でしたが、補足していただいた形になりました。

      その上で、改めて自分の頭を整理するとすれば、僕が懸念しているのは「多様性が認められる社会」、Aさんがおっしゃるところの「多様である(一様でない)ことを排除しない社会」においては「ヨソはヨソ」とか「人それぞれ」という言葉でインスタントに他人を理解するという現象が起きるのではないかな、ということです。自分とは全く違う他者を見たとき、多様性という言葉は便利だと思います。「私にはあの人の生き方は理解できない(する気もない)けどまあ人それぞれだからね」という態度が、間違っているとはやはり言えませんが、なんか世知辛いなと思ってしまう。争いはないかもしれないけれど壁はある、みたいな。そうなれば、分かる人だけ分かってもらえば良い、理解してくれる人同士で固まれば良い、ということになるかもしれません。もちろんそれも間違ってるわけではないし自然だと思いますが、自らの正しさを認め合う形で居場所を作ることで、自らの正しさに執着してしまうのではないか、それってけっこう辛いことなんじゃないかと思いました。内輪では認めあえるが、外に出れば排除される訳でもないけど相手にもされないという状況は、アイデンティティが傷ついてしまいそうだと思います。すると認めてくれない他者に不満を抱くようになるかもしれません。反対に攻撃に移るようになるかもしれません。しかしそう考えれば、僕がアイヌの方にかつて取った態度も冷たい。「いることは知ってます。しかし興味はありません。それはアイヌに興味がないのではなく、他の関わりの無い他人と同じように興味がありません」という、おそらくお話ししてくださった方にとっては冷たい態度でした。言い訳をさせてもらうとすれば、僕が反発したのは「迫害にあった」、「差別に見舞われた」という点が不当だとしながらも、そういう過去もアイデンティティの一つとして認めてほしくて、弱い立場なのだから尊重して欲しいと「聞こえた」からでした。僕自身北海道人でアイヌ文化とはある程度親しんでるつもりでしたし、多様な社会に対する理解もあると思っていましたから、もう誰に認めてもらうでもなくアイヌは存在感があるのに、それじゃダメなんだろうか?と思ったのです。その点を指して、「自分は正しいと認められるべきだ」と思うのはやや一方的だなと当時感じたのですが、例として不適切だったかもしれません。

      ちなみに僕の人格や経験に関することで言えば、正当性や価値観が認められなかった経験がないのではなく(強い迫害を受けたことはないですが)、どちらかと言えば一人でも自分の正しさを信じられる方なのかなと思います。僕は王道からは程遠い人間ですし、かといって社会の一部では認められているという存在でもありませんが、僕なりに納得した人生を選んでいると思っています。
      その上で誤解を恐れずに書きますが、「誰にも認められなくても自分は正しいんだ」とみんなが思えて、かつ「自分の正しさに固執しすぎず」、「他者の正しさを否定したりしなくても済むような社会」になれば楽なんじゃないかな考えています。そのためには多様性が単なる許容(別にどんな人がいても良い)の論理ではなく、色んな人を見て、「究極自分(の個性や価値観)だってあってもなくても良いんだよなー」と一歩引いて考えるためのものとして捉えたいなという気持ちがありました。その上で、自分の個性や価値観を満たすためにはどうするか?を考えるのがテーマ、と言えば良いのか分かりませんが、そういう話をするために今回の記事を公開することにしました。
      しかし、これもまだ矛盾を感じるかもしれません。「結局はヨソはヨソ。ウチはウチということを言ってるの?」と言われれば、その通りだと答えるしかありませんが、同時にそれが世知辛い気がすると僕は言うのですから。そこで多分、僕は表現とか創作の力を借りたいみたいなことを言うと思います。「創造でつながるコミュニティ」がどうとか言うと思います。
      何言ってんんだこいつ?と思われるかもしれませんが、またなにかありましたらコメントいただけたら嬉しいです。
      また、この返信を書くことで色々と書きたいことが増えましたので、多分にこのコメントが反映された内容になると思います。
      長くなってしまいましたので以上でとりあえずコメントに対する返信とさせてください。返事として適切なのか自信がありませんし、十分だとは言えないと思いますが、頂いたコメントを参考に引き続き考えていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

  2. A より:

    丁寧に返信をいただきましてありがとうございます。

    『内輪では認めあえるが、外に出れば排除される訳でもないけど相手にもされないという状況は、アイデンティティが傷ついてしまいそう』
    確かに。同じ視点から、多様性を認めない社会においては外に出れば『排除』される訳ですから、当然『アイデンティティが傷ついてしま』うのではないでしょうか。不満を抱いたり反撃したくなる可能性も、『排除される訳でもないけど相手にもされない』場合より『排除される』場合の方が高くはないでしょうか。
    という前提のもと、おっしゃることはよく分かります。世知辛くない多様性尊重のためには、否定しないことと肯定すること、肯定しないことと否定することのバランスが大事なのではないでしょうか。普通と違うだけで否定される「排他的で生きづらい」社会、何もかもが否定されない「争いはないかもしれないけれど壁はある」社会、何もかもが肯定されなければならない「歪で違和感のある」社会。そうではなくて、変だと思ったことは変だと言える、嫌いなものは嫌いだと言える、興味がないことは興味がないままに、気になった部分は議論の末に分かったり分からないままだったり、正しさや間違いも各自が各自で思うままに判断できる、そういう”多様性”が血の通った多様性だということでしょうか。

    『「自分は正しいと認められるべきだ」と思うのはやや一方的だなと当時感じた』
    うまく伝えられるかどうかは分かりませんが、ここでもやはり「認める」という言葉の受け止め方がやはりポイントなのではないかと思います。辞書によると、認めるとは、「正しいとして、また、かまわないとして受け入れる。」とあります。「自分を認めて欲しい」という言葉について、「正しいとして」を採用すれば、確かに「自分が正しいと納得して欲しい」と解釈することもできますが、「かまわないとして」を採用した場合は「自分がいてもかまわないと納得して欲しい」と受け取れます。『自分は正しいと認められるべきだ』というのは前者の解釈であり、だからこそ『一方的だ』と感じたのだと思います。しかし、多様性尊重という文脈で読むと、後者の解釈が適切ではないでしょうか。そして、「自分がいてもかまわないと納得して欲しい」に対して一方的だとは思われないかと思います。
    多様性を認めるということは、「”多様である(一様でない)”ということを(正しいとして、もしくはかまわないとして)認める」ということであり、「”多様な(王道でない)価値観”を(正しいとして、もしくはかまわないとして)認める」という言葉ではないはずだからです。これはとても大きな違いです。
    (ややこしくなるので読み飛ばしていただいてもかまいませんが、「多様な(王道でない)価値観をかまわないとして認める」ことと「多様である(一様でない)ということを正しいとして認める」ことは親和性が高いです。しかし、一様でないことと王道でないことは全く違います。この辺が曖昧に認識されているせいで、「”王道でない”価値観を”正しいと”認める」ことが「多様性を認める」ことであるかのような誤用が蔓延しているのではないかと思います。多様性を尊重する立場からすると、「同調圧力かけないでほしい。皆同じにさせようとしたり違う人を排除したりしないでいただきたい」というだけの話なのですが、聞く人によっては「自分達は一般人とは違うから優しくしてほしいってこと?」と斜め上の解釈をされたり「確かに社会的弱者は保護しないと!皆さん少数者に優しくしましょう!」とか言っておかしな方向に進んでしまうこともあります。)

    『「究極自分(の個性や価値観)だってあってもなくても良いんだよなー」と一歩引いて考える』
    このように高みを見ているからこそ、このような文章を書かれたのかなと思いました。つまり、多様性尊重と言われる裏には、社会が「お前は”普通ではないから”排除する」としてきた前提があるわけです。その考えが個人の中にもある程度定着しているので、わざわざ「普通じゃないこと自体は悪いことではないよ」と宣言しなければならないのです(“悪いことではない”というのと”正しいことだ”というのは別の話ですので悪しからず)。
    しかし、そもそもそんなことは分かっていて、「普通じゃないことと正しくないことって何か関係ある?」という考えを持っていると、「なんでわざわざ悪くないなんて言いにくるの?正しいよって認めてほしいの?」という違和感を持たれるのかなと思った次第です。

    またまた長くなりましたが、興味深い内容でしたので少し書かせていただきました。返信ありがとうございました。

    • 塚田 和嗣 より:

      Aさん

      ご返信いただきありがとうございます。
      「変だと思ったことは変だと言える、嫌いなものは嫌いだと言える、興味がないことは興味がないままに、気になった部分は議論の末に分かったり分からないままだったり、正しさや間違いも各自が各自で思うままに判断できる、そいう〝多様性゛が血の通った多様性」であって、そういうのが好みだなと、まさに僕は言いたかったのだと分かりました。「血の通った多様性」とはなぜ自分で思い至らなかったのだと思えるほど落ち着く表現です。ありがとうございます。
      しかしこれだけ言えば「現状と何が違うの?今みんなそうしてんじゃん」という向きもあるかもしれないので念のため付け足させてもらうと、「理解しようとして理解できない」のと、「理解しない」のとでは大きな違いがあって、多様性という言葉を「理解しようとしても理解できない領域があることを知る」ために使うか、「理解しないための方便」として使うかで、自分や世界に対する見方がけっこう変わるんじゃないかなと考えています。その上で、やはり誤解を恐れずに言わせていただければ、理解の外に出たときにアイデンティティが傷ついてしまうのは、「排除される場合」の方が本当に可能性が高いのだろうか、という疑問が個人的にはあります。もちろん、「多様性尊重と言われる裏には社会が『お前は普通じゃないから排除する』としてきた前提」があり、実際に傷ついてきたマイノリティがいるということを意識的に乗り越えた上で言ってるので、排除される方がマイノリティがダイレクトに傷つくだろうことに異論はありません。ただ、Aさんの言う「血の通った多様性」ではなく、極度に形骸化した単なるマナーやモラルとしての「多様性」がもっと社会に浸透した場合を考えたとき、非難されるよりも無関心の方がずっと痛い、ということもあるんじゃないかなと思います。「好きの反対は嫌いではなく無関心」と言ったりすることもあると思いますが、嫌いだ、ダメだと言われればまだコミュニケーションが取れるが、どうでも良いと口に出すでもなく、まるで無いかのように扱われる方がずっと辛い、という現象が増えていくのではないか。それは問題だというより、単純に辛いなと考えています。そういうとき、きっと人は認められる以前に伝える力が欲しい、コミュニケーションのきっかけが欲しいと考えるのではないか。被害妄想的かもしれませんが、その弊害となりうる、コミュニケーションの機会を損なう恐れがある「多様性が尊重される社会」って何なんだろうな?ということを僕は考えているのだと思います。

      脱線するので話を戻しますが、「認める」という言葉に「かまわないとして受け入れる」という意味があることは知りませんでした。当時の僕の幼い態度は、まさに「正しい」として受け入れて欲しいと言われている気がしてたせいだと思いますし、その正しさが社会的にマイノリティである、排除された経験がある、という点に頼っているように見えたせいだと思います。しかし先ほど書いたことを勘案すれば、排除された経験、差別を受けた経験も、悪い記憶だとしても、やはりどうしようもなくアイデンティティを構成する大事な要素の一つで、ただ聞いてもらいたかっただけなのかなと今になって思います。そういう感情に対し、正しいとか間違ってるとかで判断し、論理で向かおうとすることが間違いだったのかもしれません。「普通じゃないことと正しくないことって何か関係ある?」と確かに考えていますが、僕の中に「正されるべきだ」という意識があったからこそ抱いた違和感なのだと自覚しました。

      Aさんにコメントをいただいて、すっきりした部分があるのと同時に僕が何を考えているか自覚していない部分がたくさんあることに気付き、一人では考えられないことなのでありがたいのですが、現在ひどく混乱もしています。ご返信に的はずれな部分や独りよがりな部分がありましたらご了承ください。ゆっくり整理していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

  3. A より:

    ご返信ありがとうございます。

    混ぜ返すようなコメントにも関わらずここまで丁寧に読んでいただきましてありがとうございました。
    また、「多様性を認めない社会」は改善すべきだが、ここから無闇矢鱈に多様性を尊重しようと推し進めることで「世知辛い多様性マナーの社会」に進むのではなく、きちんと多様性のなんたるかを理解した上で「血の通った多様性実現の社会」にしていく必要があるとの趣旨を理解いたしました。
    今後とも記事を楽しく拝見させていただきます。失礼しました。

    • 塚田 和嗣 より:

      Aさん

      一人では空転していた記事ですが、コメントを頂いたことで自分が何を考えているのか、何を伝えたいのかを探ることができました。考えるために書いているブログですので、ご意見を頂けてAさんの考えを聞くことができて大変嬉しかったです。ありがとうございました。