発想と行動を記録する

発想と行動を記録する

自分は何に向いているのか、自分の才能はどこにあるのかという誰もが持ったことある悩み/内田樹『街場のメディア論』の冒頭を読んで

内田樹著『街場のメディア論』のほんの冒頭を読み始めたばかりなんだけど、面白い話だったのでメモ。 冒頭の講義の内容は、「適性とは」なんだ、とか、「能力は開発するもの」とかそういう話です。 知りたいですよね、自分の適性。自分が向いてるものって...
発想と行動を記録する

長針のタスク、短針のタスク、秒針のタスクを設定するわけだけども、大切なのは連動感

おすすめと言ったらおこがましいのだけど、試してみてほしい思考法がありまして。 タスクを秒針、長針、短針で振り分ける。そしてそれらの連動を意識する。 つまり頭の中にタスク時計を作るわけです。 時計をよく見たら分かるけど、どの針も絶えず動いて...
発想と行動を記録する

すぐにできるもの(こと)系のコンテンツを摂取しすぎて自分の頭で考えることができなくなる。

WEB的なコンテンツのことを考えると、「すぐにできるもの(こと)」というのは重要なポイントになります。 WEB上の文脈において、いわゆる有益な情報というのは「それを知ってすぐにできるもの」「それを聞いてすぐにできること」であることが多いよ...
スポンサーリンク
発想と行動を記録する

若者が都会に出ていく理由と、求めるアイデンティティの細かさ

「若者が都会に出ていく理由」「若者が田舎からいなくなる理由」 このブログでは何度かこの話題を書いているのですが、大事だと思うことはやっぱり何度も書かなければと思います。 というのも、このブログを運営していると「若者が都会に出ていく理由」と...
発想と行動を記録する

「欲しい自分」と「なりたい自分」/それは欲か志か。

「〇〇になりたい」という願望は、よく考えてみると「○○が欲しい」と言い換えた方が正しいことがあります。 例えば「人気youtuberになりたい」という願望は「チャンネル登録者が欲しい」と言い換えた方が自分の気持ちに合っていたりする、という...
発想と行動を記録する

胃腸炎と5

5月は僕のもっとも好きな時期。気持ちが良い。厚すぎず寒すぎず、緑がまぶしい。5が好き。僕は5月生まれだし、月は違うけど妻の誕生日は5日、娘の誕生日もやはり月は違うけど25日、5がはいってる。中学高校と打ち込んでいた野球部でのポジションはサ...
発想と行動を記録する

一事が万事塞翁が馬の人生の中でなにを選び、どう生きるかを考える時代の文学

新型コロナの流行のせいというのは何だけど、「新型コロナという存在がない状態」がイメージできなくなるほど世の中にこの病気が蔓延って以降、ブログで何を書くべきなのか分からないという問題に直面し、はっきりと更新が滞っています(コロナが流行る前か...
発想と行動を記録する

僕らの記録にはかなりの「嘘」が混ざる問題

僕らは何者かに「記録」するよう仕向けられているんじゃないか という妄想についてここのところ考えています。 僕らは誰かの実験室で作られた惑星の中の生物であり、シュミレーションの対象でしかない上、自分たちから進んで自分たちの経験を記録するよう...
発想と行動を記録する

苦しみ全てを引き受けてくれる神を人工的に作る人類

連日、僕らは「記録」させられてるんじゃないか とか 神ってけっこう普通の人間なんじゃないか とか妄想的な与太話を書いているのだけど、この話題に関してまだ書き足りないので今日も書きます。 ちなみに上記の記事二つに書いてあることを簡単に要約す...
発想と行動を記録する

神はごく普通の人間説

このブログで何度か書いたことがあることのような気がするけれど、僕は「神って普通の人間なんじゃないか」って思ってます。 なんでそう思うかってことを書きますね。 趣味でSF的なことを考えてるだけですから気軽な感じで読んでみてください。 すべて...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました